none
HOME > 製品情報 > ルアー > バスルアー > クランクベイト > スティーズクランク
STEEZ CRANK
スティーズクランク
画像 画像
アーティスティックチャート(100) アーティスティックレッド(200-S)
画像 画像 画像
モンスターギル クリアスパークレッド スパークレッド
画像 画像 画像
モンスターチャート クリアモンスターチャート ホワイトチャート
画像 画像 画像
パワーブルー クロキン フラッシングギル
画像 画像
ゴーストギル S.A.チャート
(画像をクリックすると拡大画像が表示されます)
クランキングの本質、ここにあり。
画像 54mmのコンパクトボディに秘められたのは、ストレスのない遠投性能と障害物回避能力、そして心地よい巻き感。クランキングでその日のフィールドを征する、シンプルにして奥深いノウハウを存分に詰め込んだハイパフォーマンスモデルへと昇華した。潜行深度1mの100、2mの200をラインナップ。
画像 S(=サイレント)タイプはレッドアイ仕様。
庄司潤プロこだわりのラインナップ
「1日中巻き続けることができる」

巻きの釣りで最も重要な項目の1つに使い心地がある。引いていて心地良い、気持ちよく飛んでくれることは、使用頻度があがり、結局は釣果にも繋がっている。STEEZクランクに求めたのは、その感覚をモノにすること。手元に伝わるプルプル感、リップラップに対する抜け性能、安定した飛距離など、釣りを快適に行うことができるハイパフォーマンスクランクを目指した。
画像

カラー 特 徴
■アーティスティックチャート
濁り気味のウィードエリアで威力を発揮
「グリーンを多めに配色したホットタイガー系は、マッディーな水質全般に有効。個人的には、ウィードエリアでの使用頻度が高いです。強い濁りからの回復途上で、少し緑がかったような水色では特に威力を発揮。程よく水になじむグリーンと適度にアピールするチャートのコンビが違和感を与えずにバイトを誘発します。」
■アーティスティックレッド
レッド系の中間的なアピール力
「赤系は3色をラインナップしていますが、このカラーは中間的な強さという位置づけ。主に想定しているシチュエーションはリップラップ。土などの茶色形の堆積物になじむように、背中はブラウンを多めに配色しています。プリスポーンシーズンだけでなく、一年を通して使用頻度の高いカラーですね。」
■モンスターギル
画像
オールマイティに効く唯一のブラック系
「当初の目的は、濁り気味のエリアでブルーギルを意識した個体に向けたスペシャルカラー。もちろんギルパターンには極めて有効ですが、テストを繰り返すうちに、シリーズの中で最も汎用性の高いカラーであることが判明。クリアでもマッディーでも、水質を問わず比較的安定してバイトを引き出せるポテンシャルを秘めています。」
■クリアスパークレッド
画像
クリアウォーターに強いナチュラルなレッド
「赤系統の中でも地味なカラーリングに設定したこのカラーは、クリア気味な水質のエリアで使うことを想定。背中はスパークレッドと同じグリーンメタリック。特に琵琶湖ではシャローのリップラップにカナダ藻が絡むエリアが増加傾向にあり、適度に背景とマッチするこのカラーはまさにジャストマッチ。」
■スパークレッド
画像
強い濁りやローライトに効く鮮烈の赤
「赤系統3色のラインアップの中では最もアピール力の高いカラー。鮮やかな発色の赤をメインにしているため、ローリングによる明滅効果が強く、濁りの強いシチュエーション全般や、ローライトな状況でしっかりと存在を気付かせられる。背中はウィードエリアになじみやすいグリーンを強調したフィニッシュ。」
■モンスターチャート
画像
インパクト最優先のハイアピール系
「チャート系ラインナップの中でも、モンスターチャートは最もインパクトのある部類。マッディーな状況下に、アピール最優先でアプローチしたい場合は迷わずセレクト。ラトルモデルなら、さらにその存在を目立たせることが可能です。背中のカラーはテストで好調だったややグリーンの濃いブルーバック系を採用しました。」
■クリアモンスターチャート
画像
シチュエーションを選ばない地味派手カラー
「主にクリアウォーターでキャストすることが多いクリアモンスターチャート。ウィードエリアやリップラップをはじめ、水が澄み気味なシチュエーションでは必ず抑えておきたい地味派手系です。ゴースト系のパールホワイトとチャートが強すぎず弱すぎない存在感を演出しつつ、シルバーラインのフラッシングがリアクションバイトを誘発。」
■ホワイトチャート
画像
パールホワイトが際立つマッディー御用達カラー
「一見するといたってシンプルなカラーですが、テストを重ね最も効果的な配色をセレクトしています。チャートを目立たせるというよりは、ホワイトベースのボディを押し出す仕上がり。濁っているときやローライトなコンディションでは、パールホワイトが理想的な膨張効果で存在を目立たせつつ、シルエットを適度にぼやけさせます。」
■パワーブルー
画像
クリアウォーターや白濁気味の水質で有効
「春先の雪解け水や田植えシーズンに白濁水が流入しているエリアを攻略するために生み出したカラー。クリアウォーターでも反応は良好です。メインカラーのブルーが周囲になじみつつ、ベリーのグリーンを魅せるイメージ。一般的ではない配色は、ハイプレッシャーなフィールドでも意外性があって面白い選択肢の一つ。」
■クロキン
画像
ホロの微妙な違いがミラクルバイトを生む!
「マッディーな水質で安定した釣果を生み出す定番中の定番カラー。クロキン本来のアピール力に加え、ホログラムフィニッシュのキラキラ感をプラスしています。ノーマルなホログラムではなく、マグマホロ系を採用することで絶妙なフラッシングを実現しています。このちょっとした違いがクロキンを見慣れたバスに効果的。」
■フラッシングギル
画像
秋口のギルをイメージしたリアル系ギルカラー
「秋口に湧くユスリカを求め浮いてくるギルをイメージしたカラー。秋口のギルは夏に比べ、シルバーっぽくなることからベースカラーは、シルバーを採用。ウィードエリアでの使用が多いことから、バックにはウィードエリアに馴染むようなグリーン系のカラーを塗装。秋口のウィードエリアでは欠かすことの出来ないスペシャルカラー。」
■ゴーストギル
画像
幅広い水質に対応したナチュラルギルカラー
「琵琶湖のメインベイトであるギルのナチュラルカラー。幅広い水質に対応できるよう、ベースのパールホワイトはゴースト感を残しつつ、透けすぎない濃さで仕上げています。夏場のギルをイメージしたブラウン系のカラーをメインとし、ギルの微妙な光り方を再現するためにクリア系のホログラムフィニッシュを採用したカラー。」
■S.A.チャート
画像
強烈な明滅効果で濁りに強いハイアピールカラー
「ステインからマッディでのフィールドで効果的なチャートカラーをベースに泳がせた時の明滅効果を最大限引き出せるブラックを背中にあしらいました。ショルダーにはゴールドの鱗模様、そしてオレンジベリーの組み合わせでさらにアピール力を高めています。平地の野池や濁りの入った水域で使うならコレです。」
驚異の貫通力でチャンスを逃さない“SaqSas(サクサス)”
画像 従来のメッキ処理では実現できなかった驚きの貫通力を持つ表面処理テクノロジー。ハリの表面にフッ素系特殊プレーティング加工を施すことで、刺さり性能は従来の塗装ハリに比べて最大40%(平均約20%)アップ(当社比)。今まで合わせきれなかった小さなアタリやショートバイトも逃さずキャッチ。今までのハリと一味も二味も違う「サクッと刺さる」感覚は、一度体感すると忘れがたいものとなるはずだ。なお、非常によく刺さるハリとなっているため、取り扱い時にはこれまで以上に注意して頂きたい。
画像  画像 
【表面の電子顕微鏡写真】
【貫通力比較データグラフ】
(数値が低いほど貫通しやすい)
スティーズクランク
アイテム サイズ
(mm)
標準自重
(g)
潜行深度
(m)
フック仕様 メーカー希望
本体価格(円)
100/100-S 54 10.1 約1.0 サクサス加工トレブル
#6
1,500
200/200-S 54 10.6 約2.0 サクサス加工トレブル
#6
1,500
※S(サイレント)タイプはレッドアイ仕様。
JANコード
カラー 100 100-S 200 200-S
モンスターギル 188296 188395 188494 188593
クリアスパークレッド 188302 188401 188500 188609
モンスターチャート 188319 188418 188517 188616
クリアモンスターチャート 188326 188425 188524 188623
ホワイトチャート 188333 188432 188531 188630
パワーブルー 188340 188449 188548 188647
アーティスティックチャート 188357 188456 188555 188654
アーティスティックレッド 188364 188463 188562 188661
クロキン 188371 188470 188579 188678
スパークレッド 188388 188487 188586 188685
フラッシングギル 214452 214483 214513 214544
ゴーストギル 214469 214490 214520 214551
S.A.チャート 214476 214506 214537 214568