none
HOME > 製品情報 > フットウエア > スリムウェーダー > ダイワ スリムウェーダー DSW-4200R・VR
DAIWA SLIM WADER
ダイワ スリムウェーダー DSW-4200R(先丸)・VR(先丸中割)
画像
ベーシックな定番スリムウェーダー
キュービックセンサーソール(フェルト)
ふくらはぎ部デザイン

■3.5mm厚クロロプレン
■クロロプレン圧縮ヒザパッド
■立ち込みに有利なハイバックカット
■干しやすいハンガーストラップ
■つま先ガード(硬質ラバータイプ)
■キュービックセンサーソール
■脱ぎやすいキックオフ
■クロロプレン製ウエスト調整ベルト
サイズ一覧表
品番/身頃(足)SA
(S)
MA
(M)
MA
(L)
LA
(L)
LLA
(LL)
3LA
(3L)
SB
(S)
MB
(M)
MB
(L)
LB
(L)
LLB
(LL)
3LB
(3L)
DSW-4200VR
DSW-4200R----
ダイワ スリムウェーダー DSW-4200R(先丸)・VR(先丸中割)
品番カラー足タイプメーカー希望
本体価格(円)
DSW-4200VRブラック先丸中割39,900
DSW-4200Rブラック先丸39,900
※交換用フェルトキットはありません。修理対応となります。
※スリムウェーダータビ部のサイズについて(共通) S(24.0~24.5cm)、M(25.0~25.5cm)、L(25.5~26.0cm)、LL(26.0~27.0cm)、3L(27.0~28.0cm)
※表示サイズは目安です。お求めの際は必ずご試着の上、最適なサイズをお選び下さい。
スリムウェーダーサイズ目安表

■股下とは股間から土踏まずまでの長さを基準としています。
■体型は個人差がありますので、部分によってタルミが出る場合もあります。
■表のサイズは目安です。必ず試着の上最適なサイズをお選びください。
■体質によっては着用中にかゆみ・かぶれが発生する恐れがあります。かゆみ・かぶれが発生した場合、すぐにご使用を中止し、専門の医師にご相談ください。

■ウェーダーにたまる水の正体は?
釣りをしているとウェーダーの中が「ヒヤッ」としたことはありませんか? 人はじっとしていても1時間に50cc、歩いただけでも1時間に500ccの汗をかくことが、運動生理学的に証明されています。透湿性をもたないクロロプレンゴム製のスリムウェーダーを着用して、釣りをしていると、かいた汗はそのままウェーダー内部にたまります。そのたまった汗が川の中に立ち込んでいる間に冷やされ、瞬間的に「ヒヤッ」と感じて、水モレと勘違いされるケースがほとんどなのです。もし「ヒヤッ」と感じたら、どの部位で感じたか覚えておいて釣行後、完全に乾燥させた後、ウェーダーの中に水道水をたっぷり入れてみましょう。もし水モレしていれば、その部位から勢いよく水が飛び出してきます。もし水が飛び出してこなければそのウェーダーに水モレはありません。安心してお履きください。

■スリムウェーダーのブーツ部から、しみ出してくる水の正体
スリムウェーダーを履いて釣りをし、川から上がって歩行していると、ブーツ部廻りから水のしみ出しを発見。「あ、水モレ!」。そのようにお感じになられる方は意外と多いのではないでしょうか?スリムウェーダーのブーツ部はクロロプレンゴム製の防水ソックスがベースとなり、その周囲を補強用のゴムやミッドソール、フェルトソールで覆う形で構成されています。つまりブーツ部からしみ出してくる水はクロロプレンゴム製ソックスのジャージ部に余分に含まれ、たまった水が歩行時の圧によりしみ出して(飛び出して)くるのです。もちろんこのジャージに含まれる水は外側のジャージが吸うのみで、その中のクロロプレンゴムが水を遮断しているので、水モレの心配はありません。
■先丸(R)・先丸中割(VR)とは?
先丸とは通常のシューズのようにブーツ部の外も内も指がわかれてないもの。先丸中割とはブーツ部外側はわかれていないが、内側がタビのように二股にわかれているものをいいます。