none
HOME > 製品情報 > 用品 > 磯・防波堤用品 > ウキ・関連商品 > トーナメント G-スペック
TOURNAMENT G-SPEC
トーナメント G-スペック
画像
左から:
タイプS オレンジ・タイプS イエロー
タイプM オレンジ・タイプM イエロー
タイプL オレンジ・タイプL イエロー
鵜澤 政則プロデュース
現代釣法のすべてに対応する高精度・高感度フロート
画像フカセ釣りは常に進化し続けている。「トーナメントG-スペック」は、全遊動はもちろん、沈め探りや遠投釣りなど、現代釣法のすべてに対応すべく開発された次世代のウキだ。流水抵抗をしっかり受けて仕掛けを潮に乗せるため、やや胴が張ったシェイプを採用。新技術スーパータフネスシェル構造により、硬い貝殻を思わせる強固なボディと、正確な浮力を得ることに成功した。余浮力はギリギリまでカットし、感度を極限まで高めてある。小さな平面を設けたヘッドは風の抵抗を受けにくく、光を反射するため逆光でも見やすいのが特徴。また、水中でサスペンドさせたときも浮き上がりにくく、横ブレせず安定した状態をキープすることができる。S、M、Lの3サイズ構成は、寒の渋い口太グレから、ガンガン本流の尾長グレまで対応。一度使えばトーナメントスペックの精度と強度、使いやすさを誰でもすぐに感じてもらえるはずだ。
タイプ別特徴
タイプS食い渋り時に有効な小粒モデル感度が最優先される低活性時や磯際攻略で威力を発揮する小粒モデル。わずかな引き込みにも敏感に反応し、アタリを明確に伝える。やや下膨れの形状は潮噛み性能アップに貢献。B以下を細分化した浮力設定により繊細な釣りに対応。
タイプMあらゆる釣法に対応するスタンダードサイズ全遊動や沈め探り釣り、遠投釣法まで、あらゆるシチュエーションで様々な釣りに対応するオールラウンドモデル。B以下を細分化した浮力設定により、極小ガン玉を駆使したシビアな釣りでも最高のパフォーマンスを見せる。
タイプL潮乗りがよく安定性の高い遠投仕様たっぷりと重量を持たせた遠投モデル。若干スリムな形状は大粒でありながら引き込み抵抗が小さく、アタリへの追従性も高い。潮乗りがよく、速い流れの中でも安定しているため、本流釣りも難なくこなせる。
高精度&高感度のスーパータフネスシェル構造

「トーナメントG-スペック」に採用されている「スーパータフネスシェル構造」とは、強固な樹脂製アウターシェル内に高密度の発泡素材を充填する特殊構造のこと。非常に丈夫であることに加え、木材のような部位による浮力のバラツキがなく、高精度で高感度のウキを作ることができる。
 

画像
フラット多面カット

空中に出た余浮力を少しでも減らし、感度を追求した。潮乗りがいい(潮をつかむ)ことが容易になるとともに、平面部分があることで視認性の向上も図られる。

 

画像
超音波溶着とABS樹脂成型ボディパーツ
画像
画像

【超音波溶着】

パーツ上下は、超音波溶着で接合する為、隙間が無いので水の浸入も無い。
本体強度も向上(弊社従来比) 

【ABS樹脂成型ボディパーツ】

ABS樹脂成型パーツを本体の殻として
装備することで、外郭強度をアップ

テスターインプレッション・鵜澤正則

画像■次世代Gスペック
フカセ釣りは常に進化、変化し続けている。全遊動は当たり前、沈め探りや遠投釣りにも対応すべく開発され新しくリリースされた次世代のGスペック。スタイルはトレンドになっているやや胴が張ったタイプで、水中での流水抵抗を受けやすく、仕掛けを潮に乗せやすいタイプになっている。
超高精度の正確な浮力調整が可能になったのは新しいスーパータフネスシェル構造。これが堅い貝のようなボディと正確な浮力をもたらした。
この構造がもたらしたメリットは余分な余浮力をカットしてぎりぎりまで感度をアップさせることが出来たことだ。
それゆえ製造可能になったフラットなヘッド。これを採用することによって風の抵抗を受けにくく、また反射が良いので逆光でも見やすくなったし、水中にサスペンドさせる時も浮き上がりにくく、安定した状態を保つことができるようになった。
スーパータフネスシェル構造のハードボディは傷がつきにくく、ウキ姿勢も安定しているために横振れを最小限にとどめることが出来ている。
寒の渋いアタリのグレからガンガン本流の尾長グレまで対応の選べるS、M、Lのワイドバリエーションで使いやすくなっている。トーナメント仕上げのウキ並みの使いやすさと高精度を五感で感じることができるはずだ。

初代のGスペック開発時の二十年前と比べると、最近のフカセ釣りのトレンドは全遊動の全層釣り。このウキ自体を沈めて釣る釣り方の時には水中で抵抗を受けやすく潮に乗りやすい形が求められる。以前はボディは細いほうがアタリが出やすいといわれていたが、これからは使いやすさも大切、アタリとともに水中での安定と潮受けの良さ、バランスが求められてくる。以前のウキのようにスリムなボディでは水中での潮の影響は受けにくく潮に乗りにくいし、重量が軽いぶん仕掛けの投入も不安定になる。
かといって丸い玉ウキでは抵抗がきつすぎてあたりが出にくい。そこで私が出した全層、全層沈め探り釣り対応のウキの答え、基本形状は卵型、水の中での安定はエッグシェイプがベストである。やや胴に幅を持たせて安定させ、潮受けを良くするとともに水中での食い込み抵抗を少なくする形状が扱いやすくて感度もよい。そして大きさの割に重量があるので従来のウキと比較すると投入も正確さをアップできる。今、そしてこれからのトレンドの形である。
ヘッド部分の横にはヘッジに段をつけるとこによってアタリ時のウキが沈む時におこる潮の巻き込み抵抗を少なくするとともに、どんぐり形状から削り取られたフラットなヘッドを採用することによって食い込みの邪魔になる余計な浮力をカットし側面のカットもそれを助け、その上に視認性も上がっている。これは流体力学的にみてもイエスである。
頭をフラットにすることで従来のウキにあった余分な「残浮力」がカットされているためによりアタリが出やすくなり、食い込み時の抵抗も減るので餌の離され率も減るのである。この形状は誤差の少ない正確な浮力があってこそ生きてくるのである。ウキの中では相反する使いやすさと感度のよさ、この両立を求めて作られた、初心者でも使えて上級者でも扱いやすく攻めやすいウキになっている。

画像■ゼロマイナスはは『沈むか沈まないか』の絶妙なセッティング
「TOURNAMENT G-スペックは、丈夫で浮力精度も非常に高いのが特長。水中での安定性が高い形状で、糸を送り込みやすく、風の抵抗も受けにくい。追加号数のゼロハンは、ウキ止めなしの全層釣りで仕掛けが張ると『沈むか沈まないか』の絶妙なセッティングにしてある。限りなくマイナス浮力に近いけど、沈みすぎないから誰にでも使いやすいと思うよ」
トーナメント G-スペック
■タイプS
 
錘負荷標準自重
(g)
カラーメーカー希望
本体価格(円)
000約8.0オレンジ・イエロー2,000
00約7.8オレンジ・イエロー2,000
0-約7.7オレンジ2,000
0約7.6オレンジ・イエロー2,000
G6約7.5オレンジ2,000
G3約7.3オレンジ・イエロー2,000
B約7.0オレンジ・イエロー2,000
2B約6.8オレンジ・イエロー2,000
 
■タイプM
 
錘負荷標準自重
(g)
カラーメーカー希望
本体価格(円)
000約9.8オレンジ・イエロー2,000
00約9.6オレンジ・イエロー2,000
0-約9.5オレンジ2,000
0約9.4オレンジ・イエロー2,000
G6約9.3オレンジ2,000
G3約9.1オレンジ・イエロー2,000
B約8.7オレンジ・イエロー2,000
2B約8.5オレンジ・イエロー2,000
3B約8.2オレンジ2,000
 
■タイプL
 
錘負荷標準自重
(g)
カラーメーカー希望
本体価格(円)
00約12.3オレンジ2,000
0約12.1オレンジ・イエロー2,000
G3約11.9オレンジ2,000
B約11.5オレンジ・イエロー2,000
2B約11.3オレンジ・イエロー2,000
3B約11.0オレンジ・イエロー2,000
4B約10.7オレンジ2,000