検索する

PRODUCTS製品情報

FISHING INFO釣り情報

D.Y.F.C

NEW AGE

NEWS

  • INFORMATION
  • TIMELINE
  • 重要なお知らせ

DAIWA BRAND

  • VISION -ビジョン-
  • TECHNOLOGY -テクノロジー-
  • HISTORY -ヒストリー-
  • CATEGORY BRAND -カテゴリーブランド-
  • NETWORK -ネットワーク-
  • CM VIDEO -CM動画-

SUPPORT

  • お客様センター
  • 営業所一覧
  • お客様の声WEBアンケート
  • オーナーズサポート
  • アフターサービス
  • パーツ検索システム
  • カスタムサービス

OTHER

  • SITE MAP
  • PRIVACY POLICY
  • SOCIAL MEDIA POLICY
  • GROBERIDE TOP

SOCIAL MEDIA

ページトップへ

DAIWA BRAND HISTORY

1958年の創業以来、DAIWAは市場ニーズにいち早く応える製品開発を続けてきました。
そしてその過程で、世界初となるテクノロジーも数多く生まれています。なかでもリール製造の技術力は高く、創業からわずか数年で、“リールのDAIWA”と評されるまでになりました。

“リールのDAIWA”と評されるきっかけとなったのが、
1965年開発「アウトスプール型リール」。
それまでのインスプール型と違い、スプールをリール外側に配置したことで、大量の糸が巻けるようになり、回転も速く、巻き上げ能力も向上。
まったく新しいカタチをしたリールの登場は、世界中の釣り人に衝撃を与えました。

DAIWAの新素材開発

DAIWAテクノロジーを語る際、欠かすことが出来ないのが新素材開発。
特にカーボンへの着眼は早く、1979年には、リールボディ、ローターともにカーボングラファイト素材を世界初採用。

ロッドにおいても高純度カーボンを採用し、“カーボンといえばDAIWA”であることを世界に印象づけました。

そして幾度に渡る改良・新開発を経て、
2007年、金属を凌駕する高密度カーボン素材「ZAION/ザイオン」開発

新たな基準を作り出した
“MAGSEALD”を発表

そして2010年、DAIWAテクノロジーは最高峰テクノロジー“宇宙工学”と手を結びます。
釣り史に残るテクノロジー「マグシールド」開発。

特殊液体マテリアル「磁性流体」を利用した防水・防塵機能であり、リールの初期性能維持や回転の速さも実現。
釣り人を多くのストレスから解放し、リール新時代を創造したのです。

進化するDAIWA

テクノロジー開発への情熱は、
現在も脈々と、DAIWAの技術者たちに引き継がれています。
釣り人に驚きと感動を与えたい・・・。
DAIWAテクノロジーは、釣りを愛するすべての人のために、
いまも止まることなく進化し続けているのです。