Loading...

DAIWA

VIP ISO

磯コラム( column )

技術の粋を集めた“別格”

すべてを超越した“余裕”

VIP ISO ─

それは、最高水準の素材を用い、ダイワが持ちうるすべてのテクノロジーを注ぎ込んだ最高峰モデルです。トーナメント、DXR、メガディスなど、ダイワ磯ロッドのラインナップを構成するアイテムの個々にコンセプトがあります。もっと軽く、もっと粘り強く、もっとシャープに、もっと高感度に・・・・・・。どのモデルも“出し尽くした竿”であり、記録級の大物が相手でも、十分以上に戦えるスペックを持っています。

しかし、あえて言い切ってしまいましょう。VIP ISOは別格であると・・・・・・。

今年リリースされたVIP ISOは三代目となりますが、初代から一貫して素材、パーツ、デザインに至るまで徹底的にこだわってきました。しかし、そこに命を吹き込むのは開発者や設計者のスキルや情熱であり、テスターをはじめとする釣り人の感性です。高級な画材を用いても名画にはなり得ません。画家の技術とセンスがあるからこそ、一枚の絵が人々の心に響く芸術に昇華するのです。

釣り竿もまた同じ。ロッドクラフトのスペシャリストと、実戦で研鑽を重ねた釣り人が一丸となって磨き上げるからこそ、人々の心を揺さぶり、魂に響く調子がブランクスに宿るのです。強くて当たり前、軽くて当たり前、ロッドに求められる要素のすべてを極限まで高め、そのうえでオーナーの心を満たす美観と雰囲気を纏った竿。フィールドで手にしているだけで満足感を得られる竿。これがVIP ISOという竿なのです。

歴代のVIP ISOを振った人の多くは、体感的な強さは感じないと口にします。しかし、これまでは散々手こずったはずの大物が難なく海面に浮き、魚は何が起こっているか分からないまま玉網へ導かれます。これはすべての性能においてVIP ISOが突出している証し。群を抜く総合性能が生み出す余裕ともいえるものです。

一期一会の出会い。釣り人の夢を託す一本として『VIP ISO』は生まれました。圧倒的な存在感と美しさは、釣果以上の感動をもたらしてくれるはずです。

未来(とき)を彩る三つの“至高”

VIP ISOには、通常の磯竿のような号数表記は用いず、TYPEによってパワーレンジを表しています。これは硬さでアイテムを区切るのではなく、対象魚やフィールド環境にマッチした調子を目指したことに由来します。

アイテムそれぞれの特性について、歴代VIP ISOの育ての親である鵜澤政則さんに聞いてみました。

TYPEI

TYPE1

  • TYPE1

    TYPE1

  • TYPE2

  • TYPE3

TYPE-Ⅰは細仕掛けに対応する、ラインナップ中で最もしなやかなアイテムです。竿全体が曲がる調子は口太狙いなどで多用される細ハリスのポテンシャルを引き出しつつ、魚を浮かせるときには確実に相手との距離を詰められるパワーを発揮します。細身・肉厚のブランクスが生み出す粘りは、しっかりと合わせが利く腰がありながら、魚の動きに追従するしなやかさも併せ持っています。

三代目のTYPE-Ⅰは、素材やパーツをアップグレードしたうえで、持ち重り感の軽減にもこだわっています。しなやかでありながら、VIP ISOならではの芯の強さで良型口太グレの急な突っ込みを意のままにコントロールする操作性と魚を寄せる力を発揮します。

また、口太グレを狙っていて、突然食ってくる真鯛や青物も取り込めるポテンシャルを秘め、曲げ込んでも最後まで残ってくれるトルク感は釣り人にやり取りする喜びと満足感を存分に与えてくれることでしょう。

TYPEII

TYPE2

  • TYPE1

  • TYPE2

    TYPE2

  • TYPE3

TYPE-Ⅱは大型口太、尾長、真鯛、青物など様々なターゲットに対応する守備範囲の広いアイテム。前作で高評価を得たスムーズな竿の曲がりとパワーは、三代目にも継承されています。

細ハリスを駆使した繊細な攻めから、離島の本流釣りなどのパワーゲームもこなし根に突っ込もうとしている魚を強引にこちらに向かせたり、潮の中から魚を寄せてくる強さを備えています。口太メインの釣り場から、離島まで竿の限界を感じさせず、難なく状況に応じたパフォーマンスを発揮するロッドです。

柔と剛を併せ持つ調子は、沖目で掛けた魚でも、しっかりとした芯のある粘りで主導権を与えず、レコードサイズの大物を食わせても、守りに入らない釣り人主体のポジティブなファイトを展開できる信頼感があります。

TYPEIII

TYPE3

  • TYPE3

  • TYPE3

  • TYPE3

    TYPE3

TYPE-Ⅲはラインナップ中で最強のモデルで、離島の磯などで食ってくる未知の大物と、堂々と渡り合えるアイテムです。パワーは前作のTYPE-Ⅲを上回っていますが、重厚感のある大物専用ロッドとは一線を画し操作性は大幅に向上しています。体力に自信のない人でも楽に取り回せるので、どんなポイント、どんな魚にも臆することなく立ち向かえます。

細身・肉厚設計により、不要な反発を抑えながら、強靱な腰が豊かなリフティング力を発揮。硬さを感じさせず、いかに粘りを出すかといったところをさらに追求して製竿しました。合わせの利く太めの穂先、2〜3番節で魚をあしらい、4〜5番節で魚の動きを封じ込めるという感覚で、安心して竿をためられ、本流から磯際狙いまでこなすロッドです。

あらためて、それぞれのアイテムが個性を持つVIP ISOは
釣り人に持つ喜びと、この竿で獲ったという感動を与えてくれる竿です。