none
HOME > 製品情報 > 用品 > ヨーロピアンカープ用品 > コーダ リグリング
KORDA RIG RINGS
コーダ リグリング
画像 画像
様々な仕掛けに使える便利な小径リング
チョドリグ・ブローバック・Dリグなど様々なパターンの仕掛けに使用する小径リング。ヘアリグの場合、主にフックに通してヘアリグの遊びを少なくし、フッキング率を上げるために使用する。カラーは目立たないブラック。サイズはS、Mの2種類をラインナップ。 画像
フロロカーボンラインを使用した「Dリグ」の作り方
画像
画像
1.フックのアイにラインを通し、先を2cmほど残す。
2.ラインを5~6回フックに巻き下げ、フックアイに再度通す。
画像
画像
3.通常ヘアーを作る側のラインにリグリングを挿入。
4.ラインの先端をフックアイに通して「D」の形を作る。
画像
画像
5.適切な「D」の形を作成した後、ラインが抜けないように端面をライターで丸めてコブを作る。
6.使用したいカープベイツ(通常はポップアップ)を仕掛けのリングに装着する。アンカーとして適切なサイズのガン玉もセットする。(写真はフロスでポップアップを巻いた例。
画像
画像
7.ラインのもう一方の端にはスイベル等を接続する。
8.D型のラインに沿ってカープベイツが自然に動く「Dリグ」の完成。
ヘアリグを使用した「ブローバックリグ」の作り方
画像
画像
1.ベイトをセットしたヘアリグにリグリングをシングルノットで結ぶ。
2.ヘアリグの端をフックアイに通す。
画像
画像
3.リグリングをフックに通す。
4.フックアイにヘアリグをノーノットで結ぶ。
画像
画像
5.シュリンクチューブを2cm程度にカット。
6.ニードルで外側から穴をあける。
画像
画像
7.あけた穴からニードルを差し込んでヘアリグをチューブに通す。
8.穴からヘアリグが出ていることを確認。
画像
画像
9.シュリンクチューブをフックアイにかぶせる。
10.チューブを熱して収縮させ、写真のような角度で固定する。
画像
11.ブローバックリグの完成。
コーダ リグリング
アイテム 入数
(個)
メーカー希望
本体価格(円)
JAN
コード
S 20 オープン価格 806657
M 20 オープン価格 198127