none
HOME > 製品情報 > 用品 > ヨーロピアンカープ用品 > コーダ マーカーフロート用柄2本セット
KORDA MARKER STEM
コーダ マーカーフロート用柄2本セット
画像
マーカーフロートを確実に浮き上がらせるための柄
「ドロップゾーンマーカーキット」でポイントの水深を測る際、水底に藻や泥などが多いとマーカーフロートが引っかかって浮上しないケースがある。そんなトラブルを解消するための便利アイテム。柄の先端部分(着脱に便利なクイックリンク付き)にオモリを装着し、反対側のリングに道糸を通し、ラインの先端にマーカーフロートを結んで使用する。柄の長さ分だけラインの位置が水底より高くなり、また大きなリングがラインのスムーズな動きを可能にし、マーカーフロートが確実に水面に浮き上がるようにする。
ドロップゾーンマーカーキット(別売)の使用方法
画像
画像
1.フロート用柄の先端のリングにラインを通し、クッションパーツも通してラインの先端にマーカーフロートを結ぶ。(水底に障害物がないポイントではフロート用柄を用いず、オモリのリングにラインを通す。)
2.ポイントにキャストしてオモリを着底させる。
画像
画像
3.マーカーフロートがフロート用柄にぶつかって止まるまでラインを巻き取る。水底に水草や泥などがあるポイントではフロート用柄を使えば柄の長さ分だけラインが底から離れるため、マーカーフロートが絡んでしまうトラブルを防げる。
4.マーカーフロートが水面に出るまでラインを引き出し、どれだけ引き出したか(=ポイントの水深)を測定する。あらかじめロッドに決まった長さのマーキングをしておくと引き出した長さが測りやすい。
アイテム 入数
(本)
メーカー希望
本体価格(円)
JAN
コード
コーダ マーカーフロート用柄2本セット 2 オープン価格 853781