none
HOME > 製品情報 > 用品 > ヨーロピアンカープ用品 > コーダ レッドコア チョドセーフティシステム
KORDA LEADCORE CHOD SAFETY SYSTEM
コーダ レッドコア チョドセーフティシステム
画像
左から:ノントレースビーズ、チョドスリーブ、バレルリング
(画像をクリックすると拡大画像が表示されます)
ヘリコプターシステムでリグをフリーにするための小物パーツセット
ヘリコプターシステムでファイト中にラインが切れるなどした際、チョドリグをフリーにしてコイがオモリをぶらさげたままにならないようにするための3種類のパーツ(チョドスリーブ、ノントレースビーズ、バレルリング)のセット。連結ケース付き。 画像
リグがフリーになる仕組み
画像
画像
ファイト中にラインが切れると、コイがオモリを引く力でスイベルが仕掛け上部方向へ引っぱられる。
スイベルのリングがチョドスリーブにセットされたノントレースビーズにひっかかる。
画像
画像
さらに力が加わるとノントレースビーズがチョドスリーブから外れる。
フックのついたリグが完全にフリーになり、道糸から抜けるため、コイがオモリをぶら下げたままにならない。
ヘリコプターシステムとは
画像
オモリよりも上方のライン(主にN-TRAPなどのブレイドラインが使われる)にリグを取り付けた構造の仕掛け。ラインの途中からチョドリグが立ち上がった状態を例えて「ヘリコプターシステム」と呼ぶ。チョドリグを取り付ける場合リングスイベルにラインを通す。チョドセーフティシステムをラインの両側に装着した場合でもリグが自然に動き、コイが警戒しないでエサを吸い込みアタリが出やすくなる。(ヘリセーフレッドリリースシステムはファイト中または根掛かり時等にオモリを自動的に外すためのパーツ。)
(画像をクリックすると拡大画像が表示されます)
チョドリグとは
画像 スイベル+モノフィラメントライン+フックで構成されるリグ。フックに結んだハリスを折り返すことでD型ループが形成され、そのD型ループに小さいリング(リグリング)を装着する。エサはポップアップやワフタータイプの浮力のあるフックベイトを使用し、ベイトフロスで縛ってリグリングに結び止める。モノフィラメントラインはゆるくカーブさせることでフックが適切な方向を向くようになっており、硬いフロロライン(マウストラップなど)が使用される。硬いフロロラインをハリスに使うことでフックが吐き出されにくくなり、フッキング率が向上する。
コーダ レッドコア チョドセーフティシステム
セット内容 入り数 メーカー希望
本体価格(円)
JANコード
チョドスリーブ、ノントレースビーズ、バレルリング チョドスリーブ 8個
ノントレースビーズ 12個
バレルリング 8個
オープン価格 198134