none
HOME > 製品情報 > ロッド > コイ・カープフィッシング > 大鯉専科
OOGOI SENKA
大鯉専科
大鯉釣りファンに贈る、操作性と飛びにこだわったワンランク上の専用鯉竿。
大鯉(60cm~80cmクラス)をターゲットにした大型河川や湖でのブッ込み釣りに最適なスタンダードモデル。食いが悪いときほど威力を発揮する、繊細でしなやかな食い込みトップに、大鯉を怒らせることなくスムーズに寄せる粘強バットを搭載。柔軟さとパワフルさを兼備しており、重い仕掛けは当然、軽い仕掛けもスムーズにキャスト可能。大ダンゴも楽々遠投できます。

MH485/535(スピニングモデル)は、先代モデルの粘り強さを継承しつつ、さらにスムーズな節の曲がりが理想の調子とパワーを実現する「V-ジョイント構造」を搭載。穂先は先径1.7mmのチューブラー穂先で、少し穂先を強くすることで2~4番節へスムーズに重さが乗り、しなやかに曲がっていく柔軟かつ粘り強い7:3調子。口切れを防ぎつつ、鯉を暴れさせずに獲れるしなやかなバランスに仕上がっています。
鯉釣り師のこだわりに応えるダイワテクノロジー
画像

■HVFカーボン

ダイワはロッド性能にもっとも影響を与えるカーボンシートにおいて、繊維そのものの高弾性化は勿論、カーボン繊維を取りまとめる接着剤的な役割を担うレジン(樹脂)量に対する機能向上に着目。贅肉ともいえるレジンの量を減らし、筋肉となるカーボン繊維の密度を高めることで、より強く、より軽く、より細いロッドの開発を進めている。HVFは、ノーマルカーボンよりさらにレジン量を減らしてより多くのカーボン繊維を密入した素材。樹脂に代わってカーボンが高密度化されることで、軽さ・パワー・粘強性を実現している。

カーボンテクノロジーのさらに詳しい説明はこちらをクリック▼

画像

■V-ジョイント(※MH485/535のみ)

継竿で最もパワーロスが生じやすい節部にバイアス構造を採用することでスムーズな節の曲がりを実現し、理想の調子とパワーアップを可能とするダイワ独自のテクノロジー。

V-ジョイントのさらに詳しい説明はこちらをクリック▼

画像

■カーボンチューブラー穂先&遠投用大型足高テレスピンガイド(※スピニングモデルのみ)

先径1.7mmのカーボンチューブラー穂先はシャープに操作できて感度に優れ、鯉に違和感なくエサを喰い込ませることが可能。大口径テレスピンガイドはスムーズなライン放出性能を実現し、快適な遠投性能はもちろん、大物との強引なやりとりにおいてもラインに負担をかけにくい。

画像

■安定性に優れたパイプシート

大型スピニングリールをがっちり固定できるパイプシート。

画像

■ヒビ割れしにくいオリジナル紫檀大型木製腹当。

画像
MH535遠投


画像
画像
大鯉専科
アイテムタイプ標準
全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
標準
自重
(g)
先径
(mm)
元径
(mm)
錘負荷
(号)
カーボン
含有率
(%)
メーカー
希望本体
価格(円)
MH485遠投・Nスピニング4.8551154801.724.520~309026,700
MH535遠投・Nスピニング5.3051245001.724.820~309628,500