none
HOME > 製品情報 > ロッド > 渓流 > 本流 > 琥珀本流 ハイパードリフト メタルチューン
KOHAKU HONRYU HYPERDRIFT METALTUNE
琥珀本流 ハイパードリフト メタルチューン
画像
サツキ 82
画像
スーパーヤマメ 95M
伝統的な郡上竿をベースに最新機能を纏った“現代版郡上竿”
画像

伝統的な郡上竿の流れを汲む調子設定をベースに、最新機能を搭載した“現代版郡上竿”。「琥珀本流ハイパードリフト」のために独自の開発が行われたダイワが誇る最新テクノロジー『SMT』を搭載、より効率的に渓流魚を感知し、新たに加わったネジレ防止の最適構造『X45』で、より早く確実な抜き、やり取りが可能になった。いまや本流大物竿のスタンダードの一角としてすっかり定着、さらにその活動範囲を広げるためには打ってつけのモデル。


■アマゴ抜 70
ピンポイントを狙い撃ち、掛けたアマゴを一気に抜いて取り込む超高回転型本流竿。『SMT』がショートバイトを確実にものにする。盛期の酸素量多いザラ瀬の落ち込みや、段々瀬に潜む幅広アマゴに最適。

■サツキ 82
パワーバランス・全長を見直し、より確実にサツキマスを獲るために開発された大物対応郡上竿。中部地域のサツキマスは勿論、関東での本流筋の支流や中規模河川の大型渓流魚にも最適。

■スーパーヤマメ 95M
本流育ちのヤマメ・アマゴをターゲットとした長尺・マルチレングスモデル。鋭い感度と粘りで神経質な本流ヤマメを的確に引きずり出す。
調子カーブ
画像

■アマゴ抜70
SMTと合わせて、『X45』による先端部分のパワーアップを実施することでより早く確実な抜きを実現。

■サツキ 82
より大物とのやり取りを優位に進められるよう、全長を20cm延長し、より胴でタメが効く調子にアレンジ。

■スーパーヤマメ 95M
伝統の琥珀本流系の調子をベースに『SMT』の感度と持ち軽さを出すために♯1のSMT部の後から♯3番までをやや硬めにセッティング。
(同一条件下での曲りカーブをイメージ化したもので、実際のカーブとは異なる場合があります。)

白滝治郎フィールドテスターのワンポイントアドバイス
「琥珀本流ハイパードリフト メタルチューン」は『SMT』と郡上調子のバランスで今まで以上にシャープな振り込みがしやすくなっています。また『X45』の効果でアマゴ抜きは魚を浮かせるまでが早くなっているので魚の頭が出たら暴れる前に躊躇なく抜いてください。そしてサツキはタメた時の魚のブレが少なく、パワー全体もあげているので、しっかりと胴に乗せ、魚に向かって正面になるような竿操作を心がけてください。 画像
独自チューンのSMT(スーパーメタルトップ)
画像
超弾性チタン合金のスーパーメタルトップはしなやかかつ高感度。手元に響くほどのアタリの伝達性も兼ね備えている。「琥珀本流 ハイパードリフト メタルチューン」は3大感度(※)を最大限活かせるようアイテムごとにメタル部分の長さ・太さにまでこだわりフィールドでテスト。「食い込みが悪くなるギリギリまで感度に特化したチューニング」を行った結果、今までにない短いSMTとなっている。
「感度」が渓流釣りを変えた!その3つの要素とは?
画像「感度」はダイワにとって要求品質の上位に位置づけられた要素。そうしてダイワは、渓流釣りの新しい楽しみを増幅させる要素として、「感度」に機能特化させた新たな渓流竿を生みだした。

その肝となる機能こそ『SMT(スーパーメタルトップ)』。カーボンよりも振動係数の持続が長い(伝わりやすい)超弾性チタン合金をその先端部に持つ、ダイワ独自のテクノロジーだ。渓流釣りに最適な『SMT』を開発するうえで重要となったのは喰い込み性能と感度性能のバランス。

一概に渓流釣りといっても沢で20cm前後のヤマメを5~Bのオモリで釣る釣りから、50cm以上の大物を3B以上の大オモリで釣るメソッドまでさまざま。それぞれの要求品質と開発される竿のコンセプトに合わせ、その中で最大限「感度」が得られる組み合わせを実釣テストを通して開発した結果、渓流竿独自のさまざまなパターンの新たな『SMT』が開発された。そこから得られる“3つの感度”こそ、新たな渓流釣りの新基準となる。
画像 ■流し感度
これまでイメージでしかなかった仕掛けと川底の状況の水中イメージを、より明確化させてくれる感度。ラインに感じる水流抵抗とオモリから得られる情報を的確に渓流師へ伝えることで渓魚の付き場を絞り込み、最適な状態で仕掛けを送り込むことによって、より攻撃的な渓流釣りを可能にさせた。
画像 ■アタリ感度
風や流れによって弱まってしまう渓魚のアタリをより鮮明に渓流師へ伝えることはもちろん、俗に「前アタリ」と呼ばれるエサをとらえるまでの渓魚の絡みや、寸前でのUターンによる水流の変化など、さまざまな渓魚の情報を感じさせてくれる感度。渓魚の存在を明確化することで、より効率的なポイントの見極めが可能となる。
画像 ■掛かり感度
大型渓流魚とのやり取りは首振り、ローリング、そこから一気に走るダッシュに対し瞬時に対応できる竿捌きが重要となる。“掛かり感度”とは渓流魚の挙動、ハリの掛かり具合を伝えてくれる感度。いち早く動きを感じとり、掛かり具合を把握することでやり取りを優位に進め、的確な判断を後押しする。
SMTの魅力を引き立てる軽量化とバランス
『SMT』の先端部は超弾性チタン合金で構成され、それは従来のカーボン素材よりも重い。長竿ほどそれは不利に働く。なのになぜ『SMT』を使うのか?

答えは単純、「“感度”がなくては本流を攻略できない時代に突入したから」。

これまで数々の長尺竿が開発されてきたが、9mを超える本流竿で今なお高い評価を受けている竿の観点は「操作性(軽さ)とバランス」である事実。それは、ポイントに届けば釣れた時代が終焉を迎え、その先の流れを攻略する必要性がでてきたことを意味する。 結果、長尺本流竿においては大物を獲る「掛かり感度」よりも、最も繊細な「流し感度」が最重要な感度としてクローズアップされることとなった。

感度は人間の指先を通して脳へ送られる。それはしっかり握るよりも軽く触れている時の方が鋭くなる。その絶対的な軽さと持ち重りを感じさせないバランス設計のために、軽さの源『超高密度SVFカーボン』やパワーを生みだす『V-ジョイント』『X45』などのダイワテクノロジーを最大限駆使することで、感度を活かす新しい長尺本流竿が実現した。 これまで得られなかった感度で確信を持って掛け、長尺ならではのトルクを活用して得た1尾は更に充足感を高め、新たな本流の魅力を創造してくれるだろう。
DAIWA TECHNOLOGY
画像

■超高密度SVFカーボン
ロッド性能に最も影響を与えるカーボンシートにおいて、贅肉とも言える樹脂(レジン)の量を減らし、その分カーボン繊維を密に入れてより筋肉質でパワフルなロッドを実現した「高密度HVFカーボン」。さらにレジン量を減らすと共に、ホットプレス製法でカーボン繊維の密着度を高めてさらなる細身軽量化とパワーアップ、シャープな振り抜き性能を実現したのが「超高密度SVFカーボン」。

画像

■X45
従来構造(竿先に対して0度、90度)にダイワ独自のバイアスクロス(±45度に傾斜したカーボン繊維等)を巻くことで、ネジレを防ぎ、パワー・操作性・感度を飛躍的に向上させることに成功。穂先のブレを軽減させるのに有効であると同時に、大物の突然の走りや取り込み時の首振りを抑える効果が高く、安心してやり取りできる。

画像

■V-ジョイント
竿が可能な限り歪みの少ないきれいなカーブを描くよう、節の合わせ部分にダイワ独自のバイアス構造のカーボンシートを採用。合わせ部のスムーズな曲がりを実現し、パワー・レスポンス・感度において高次元の性能を発揮させることに成功。継数の多い小継渓流竿にとって、継ぎ部のスムーズな曲がりは細糸適応性を高めるだけでなく、大型魚相手のリフティングパワーの向上にも大きく貢献している。

画像

■Vコブシ
Vコブシは鮎竿・渓流竿の先端部#1~#3を短くセッティングすることで竿先の安定性を高め、感度の向上を図る設計思想。同時に中節~元竿は節長が長くなる胴長設計と組み合わせることによって同じベンディングカーブを描きながらもタメが効く、パワーと操作性・感度を兼ね備えたロッドの実現に貢献する。

画像

■からまん穂先
ラインを結ぶ穂先のリリアンが仕掛けの動きに合わせて柔軟に回転するので、糸ヨレや糸絡みが発生しにくく、仕掛けが長持ちする高機能穂先。

画像

■節落ち・食い付き防止合わせ
下節の上部内面に僅かな出っ張り(異形部)を2~4箇所作り、強い密着部分を作ることで実釣時に起こる節落ちを防止。さらに異形合わせによってできる空気層が竿を固着から守る機構

画像

■固着防止リング
節同士の接合部分に空気層を作る溝(リング)切り加工を、節の太さに応じて幅と本数を変えながら施した構造。節の出し入れが頻繁に行われる振出竿にとって最も多く、最も煩わしい固着のトラブルを解消。

琥珀本流 ハイパードリフト メタルチューン
アイテム 標準
全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
標準
自重
(g)
先径/元径
(mm)
適合
ハリス
(号)
マルチ カーボン
含有率
(%)
価格
(円)
JAN
コード
アマゴ抜 70 6.98 7 120.0 169 -(0.9)25.6 0.15-0.6 - 99 56,000 914642
サツキ 82 8.18 8 120.0 216 -(1.0)/25.6 0.25-1.2 - 99 65,000 914659
スーパーヤマメ 95M 9.50 9 135.4 280 1. 1(1.0)/25.7 0.2-1.2 90→95 99 85,000 027526
※先径は、竿先から最も近く、部品・糸巻きのついていない外径、( )内は素材先端部の外径です。
付属品
・コンパクトハードトップカバー
・ニット竿袋
メタルトップご使用上の注意

■メタルトップの温度変化について。
超弾性チタン合金は素材の特性上、5℃以下の低温環境では弾性が低下し、穂先の戻りが遅くなってくるという事象が起こります。早朝・夜間の極端な冷え込みや風の影響で、気が付く程度の曲がりが生じることがあります。更に0℃以下の環境で弾性低下は、より進行し穂先が曲がったまま戻らない現象が起こります。いずれの場合も気温が上昇すれば本来の超弾性に戻り通常のご使用が可能になります。

■過度な屈曲を生じるようなご使用はお避けください。
メタルトップは、通常操作においては快適にご使用いただけますが、巻き込み・穂先の糸がらみ等外的要因による過度な屈曲には、クセ(塑性変形)が残ったり、また金属疲労により破損する可能性があります。

■万一のクセは、手で修正できます。
2のように万一クセが残った場合は、曲っている側と逆の方向にゆっくり曲げることで、修正ができます。ただし、クセの修正を繰り返しますと金属疲労の原因となりますので、巻き込み等クセが残るような操作はお避けください。

快適にご使用いただくため、取扱説明書は必ずお読み下さい。