none
HOME > 製品情報 > ロッド > 玉の柄・玉網 > 玉の柄・ランディングポール > インプレッサ 玉の柄
IMPRESSA TAMANOE
インプレッサ 玉の柄
画像


波にもまれてもブレずにしっかり操作できるハイスペック玉の柄
玉の柄に求められる性能をとことん追求したハイバリュー・ハイパフォーマンスモデル。求めやすい価格ながらマテリアルに筋肉質の高密度HVFカーボンを用い、節の先端部にはダイワ独自のネジレ防止補強構造「X45」を採用。サラシやウネリに揉まれてもブレやネジレが生じにくく、ストレスなく一発で魚を掬い取ることが可能。全体に張りを持たせ、キレのある操作性と腕に負担を掛けないバランスを実現した。内部には固着防止加工を施し、さらに快適な使用感を追求。シンプルなデザインがひときわ目を引く実戦重視のランディングシャフト。
玉の柄だからこそ強くあってほしい

どんなに道具にこだわる釣り師でも、竿などに比べて玉の柄の優先順位は低くなりがち。しかし、クオリティの高い釣りはストレスのない取り込みがあってこそ成立する。玉網が受ける波やウネリ、サラシの抵抗はかなりのもの。このとき玉の柄がグニャリとたわみ、左右に振られてしまうのは決定的に剛性が不足しているからだ。玉の柄だからこそネジレに強くあってほしい。こんな願いに応えるのが、斜め方向へカーボン繊維をクロスしたシートで各部を補強する「X45」だ。取り込みは華麗に一発で決める!

【X45】
カーボン繊維の配向角度と弾性率の関係は極めて特殊であり、1°でもカーボン繊維の角度がずれると弾性率は大きく低下する。よって、竿の性能を考慮した場合0°・45°・90°が理想的な構造であり、他のX構造のように中間の角度(例えば60°~75°前後を変動)にした場合、「X45」に比べて「ネジレ」、そして「ツブレ」の弾性が低下してしまう。また中間の角度で「X45」と同等のパワーを発揮させるためにはかなりの重量アップが必要となる。最も弾性率の高い3つの角度を採用している「X45」は科学的に裏付けされたネジレ防止の最適構造であり、パワー・操作性・感度を飛躍的に向上させるテクノロジーなのである。(※世界共通の商標として「Xトルク」から「X45」に呼称変更)→X45のさらに詳しい説明はこちら▼

DAIWA TECHNOLOGY
■高密度HVFカーボン
ダイワはロッド性能にもっとも影響を与えるカーボンシートにおいて、繊維そのものの高弾性化は勿論、カーボン繊維を取りまとめる接着剤的な役割を担う樹脂(レジン)量に対する機能向上に着目。贅肉ともいえるレジンの量を減らし、筋肉となるカーボン繊維の密度を高めることで、より強く・より軽く・より細いロッドの開発を進めている。高密度HVFカーボンはノーマルカーボンに対し更にレジン量を減してカーボン繊維を密入する事で、軽さとパワーを高いレベルで実現し高度なパフォーマンスを発揮する。
■固着防止加工
節同士の接合部分に空気層を作るリング状の溝切り加工を、節の太さに応じて幅と本数を変えながら施した構造。節の出し入れを頻繁に行う玉ノ柄にとって最も多く、最も煩わしい固着のトラブルを解消。
インプレッサ 玉の柄
品名 標準全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
標準自重
(g)
先径
(mm)
元径
(mm)
カーボン
含有率
(%)
メーカー希望
本体価格(円)
JAN
コード
40 4.01 4 122 320 16.9 31.0 98 26,800 960205
50 4.95 5 122 420 16.9 31.1 98 27,700 960212
60 5.97 6 122 555 16.9 34.2 98 38,300 960229
70 6.95 6 130 660 16.9 34.2 98 48,800 960236
※適合する玉枠のネジのピッチはウィットネジ1/2・12です。