none
HOME > 製品情報 > ロッド > へらぶな > 並継へら > 玄むく
KUROMUKU
玄むく
(画像をクリックすると拡大画像が表示されます)
侘び寂びの自然と一体化する、まろやかで豊潤な弧。

二代目となる「玄むく」が提唱するのは、へら竿だけに与えられた特権とも言える細身軟調子を突き詰めた竿。和竿の世界に学んだ軟式胴調子は、手にした時のなんとも言えないしっとりした重みに始まり、軽い仕掛けや極軟のエサをも難なく飛ばす優しい振り調子。さらに魚を掛けた後のなんとも言えない感触と、そこはかとない優しさ・・・。「超写実主義」をテーマに本物の和竿と見紛うほどに作り込まれた外観、玄むく独自に調律された軟らかさだけに留まらない『株理論』設計に裏打ちされたバランスと、総高野の和竿を思わせる重厚な釣り味・・・。手にすれば誰もが驚きの声を上げるだろう、贅沢な世界観がここにある。

“最も和竿に近く、カーボンでしか実現しない竿”それが「玄むく」
  • 求めたのは“釣り味”。導き出されたのは“調子”と“機能”
    和竿独特の“しなやかなのにへらが止まる”“コクンコクンとへらの鼓動を感じながら竿が立っていく釣味”をカーボン竿で実現しながら、竹素材では絶対に出来ないカーボンならではの“細身肉厚設計”を両立させた「和竿に学ぶ」ダイワのへら竿造りの基本理念を具現化した竿。
  • 細身肉厚設計
    これまでにない細身肉厚設計にすることにより、竹竿を持ったときに感じる竹独特のどっしりとした感触や、薄いカーボンシートを厚巻きすることで安定した曲がりを実現。結果として軟らかくても細く、肉厚にすることによって曲がった時の強さ(粘り)が増すことに成功。また、細身肉厚設計によって和竿独特の粘り(パワー感)を得られ、ノサれる寸前でへらが止まる株理論の軟調セッティングを可能にした。元竿の太さに合わせてグリップ形状、サイズを小型化。イナす際の手首を使ったハンドリング性の向上が図られた。
こだわりの仕様

シンプルがゆえに非常に難しい“口巻きデザイン”のアクセントとして本当の竹素材で節の下の表皮部分にできる“わび”を手作業の塗装技術で実現。高野竹の節形状を意識した節形状を採用し、竹地は1本1本手拭きで再現。1本1本が異なる模様になるように仕上げを実施。口巻き部には厚塗りをほどこし、段差を持つ隠れたこだわりの仕様。グリップは3色の糸を組み合わせた新袋編みグリップ。滑り止め塗装することで、握り心地が良くエサもこびりつきにくい。また上栓はカーボンパイプに本体と同じ工程の手拭き仕上げで竹地を作って接着するこだわりの竹地仕上げ。

テスターインプレッション
画像

■岡崎 一誠

仕舞が長く、一番「玄むく」の特徴がはっきり分かる11尺をメインにチョウチン釣りで使いましたが、これまではしなやかな竿で大き目のウキを使ったチョウチン釣りをすると、どうしても竿先の抜けが悪く、穂先が残ってしまいがちでしたが、「玄むく」は先調子の竿のようにシュパッっと気持ち良く合わせが効きます。チューブラーなので誘いも意のままに効かせられ、細径で合わせた瞬間のショックも吸収してくれます。年々繊細さが必要とされてきているチョウチン釣りには丁度使い勝手が良い竿ですね。

画像

■浜田 優

柔らかいというよりは実釣での使用感は“遊べる竿”という印象が強く、肉厚がカバーしてくれるのかブレも少なく尺前後の魚なら違和感なく楽しみながらへらを浮かせられます。このしなやかな調子は特に浅ダナでの振り込みで横風などが吹いても修正が効くので正確なエサ打ちが可能になります。私のように長年のへら鮒釣りで肘や手首が弱い方には「玄むく」のソフトな使用感は負担も少なくて済み、特にお勧めです。

画像

■池澤 幸誠

8尺から15尺まで一通り使いましたが、特に8,9尺の短竿は大会などの場面でも十分に対応できる竿に仕上がっています。この竿はしなやかなのでどうしても小べら向きととらえられがちですが、実際に使ってみると掛けた瞬間にドシッっと竿の胴に掛せられる大型べらほど肉厚のパワーであっけなく沖で浮かせられる不思議な竿です。その特性を活かすにはへらを掛けたらすぐに竿を立てて引っ張らずに、しっかりと一度タメをつくってから竿を起こすことです。一匹のサカナを竿全体で受け止めて味わって釣る竿に上手く仕上がっています。

画像

■生井澤 聡

細身で持った感触はかなりソフトですが、へらを掛けるとイメージが一新、芯がある感じで良い意味で全然軟らかい竿という感じはしない竿です。お勧めはズバリ15尺。4本継独特の感触を是非味わってほしいと思います。手のひらに乗る小べらから40cm上まで楽しめる竿です。取材で精進湖で使わせていただいた時には山上湖の元気べらは勿論、外道の50cm上の鯉もなんなく浮かせる秘めたるパワーを体感できましたので自信を持ってお勧めします。

画像

■細井 昭宏

15尺のペレ宙から8尺のセットまでメーター前後のタナでいろいろと使わせていただきましたが、0.9mmの細径チューブラーは大き目のダンゴ(セットの場合バラケ)でも竿先が負けることなく振り込めます。超高速とはいきませんが、一枚一枚確実に釣っていくような状況では強い味方になると思います。

画像

■関根 邦彦

12尺でメーターからカッツケまで試しましたが小ウキに柔エサでも思い通りにソフトに振り込めるので、単純な落とし込みだけでなく、魚の活性を見ながらエサとウキの落とし位置を調整するような操作が自在にできます。いまやほとんどカーボンしか使わない自分の釣りスタイルでも違和感なく、それいて新鮮な使用感は是非一度手にとっていただけたら嬉しいです。

画像

■田口 力也

特にお勧めは12~13尺辺りです。勿論私の大好きな小じんまりとした野釣り場で一番使う尺なのですが、それだけでなく、細糸でチョウチン釣りや浅ダナ、そして1枚が貴重な冬場の超シビアな状況での段底とかで是非使いたい竿です。
和のデザインが何とも渋くて使うほどに愛着がわくような竿に仕上がっています。

画像

■茂木 昇一

短尺中心に試合さながらの浅ダナセットを試しましたが、カッツケ気味のタナで沖に走られてもハリスが切れせずに竿が立ちあがるのでこれからの時期細糸を使う機会の多くなるトーナメントでは非常に強い味方になってくれそうです。活性の高い時期は「ヘラ X」、激シブには「玄むく」がお勧めという感じです。

DAIWA TECHNOLOGY
画像 ■株理論
伝統的な和竿のノウハウを取り入れた設計手法。「竿の一節一節は一本の竿のごとく、先が軟らかく、元にいくほど硬い」。これをミクロの世界で解析し、バランスよくつなげることで曲りの頂点のスムーズな移動を可能にしたダイワ独自の設計テクノロジー。特に顕著に見られる違いは、従来の竿では曲がりの頂点が大きく移動するのに対し、株理論では滑らかに移動するため、掛けた魚が暴れないという点。へら竿に求められる理想的なバランスを実現している。
画像 ■V-ジョイント
節の合わせ部分にダイワ独自のバイアス構造を採用。合わせ部のスムーズな曲がりを実現し、パワー・レスポンス・感度が向上。1ピースロッドのような滑らかな繋がりでロッド本来のパワーをロスなく発揮させることができる。
その他の機能・仕様
  • オスメステーパー&テーパー合わせ
  • 細径チューブラー穂先
  • へら専用極細からまん穂先
  • 新袋編み握り
  • 竹地上栓
玄むく
品名 全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径/元径
(mm)
カーボン
含有率
(%)
メーカー希望
本体価格(円)
JAN
コード
8 2.40 3 86 45 -(0.9)/6.1 96 52,000 875561*
9 2.70 3 96 52 -(0.9)/6.3 98 57,000 875578*
10 3.00 3 106 58 -(0.9)/6.5 98 62,000 875585*
11 3.30 3 116 65 -(0.9)/6.7 98 68,000 875592*
12 3.60 4 98 75 -(0.9)/7.7 98 75,000 875608*
13 3.90 4 106 84 -(0.9)/7.9 98 82,000 875615*
14 4.20 4 113 92 -(0.9)/8.3 98 90,000 875622*
15 4.50 4 120 107 -(0.9)/8.7 98 97,000 875639*
※先径は竿先から最も近く、部品・糸巻きのついていない外径、( )内は素材先端部の外径です。
付属品
  • 竿袋