none
HOME > 製品情報 > ロッド > > ガイド付き > Aブリッツシリーズ > A-ブリッツ カレイ
A-BRITZ KAREI
A-ブリッツ カレイ
並継
82 = 8:2調子
91 = 9:1調子
小突きから大型まで、カレイを攻略するための専用設計。
穂先には感度と操作性に優れたメガトップを搭載。細身ブランクスによる軽量設計は、目に見えないロッドのパワーロスを防ぐ「X45」構造の採用により操作性を飛躍的に向上させると同時に、カレイが掛かると粘り強く対応し安心して多点掛けを狙える。

82は微妙なモタレも表現しスムーズにカレイを乗せるしなやかさとリズミカルな小突きや誘いが可能な操作性のバランスを追求。82-Hはナメタや大型カレイ、大型根魚を視野に入れ、魚が掛かると粘り、スムーズに胴に乗ってくれる調子を追求。91-Hはシャープで攻撃的な小突きを可能にし、思いどおりの仕掛けのコントロールが可能。
ラインナップ
アイテム特徴
82微妙なモタレも表現しスムーズにカレイを乗せるしなやかさとリズミカルな小突きや誘いが可能な操作性のバランスに優れたモデル。
82-Hナメタや大型カレイ・大型根魚を視野に入れ、魚が掛かると粘り、スムーズに胴に乗ってくれる調子が持ち味の大型狙いモデル。
91-Hシャープで攻撃的な小突きを可能にし、思いどおりに仕掛けをコントロールできる操作性に優れた攻めのモデル。
パワー・操作性に革命をもたらすネジレ防止の最適構造「X45」

■X45
カーボン繊維の配向角度と弾性率の関係は極めて特殊であり、1°でもカーボン繊維の角度がずれると弾性率は大きく低下する。よって、竿の性能を考慮した場合0°・45°・90°が理想的な構造であり、他のX構造のように中間の角度(例えば60°~75°前後を変動)にした場合、「X45」に比べて「ネジレ」、そして「ツブレ」の弾性が低下するのが、上のグラフから見てとれる。また中間の角度で「X45」と同等のパワーを発揮させるためにはかなりの重量アップが必要となる。最も弾性率の高い3つの角度を採用している「X45」は科学的に裏付けされたネジレ防止の最適構造なのである。(※世界共通の商標として「Xトルク」から「X45」に呼称変更)

X45のさらに詳しい説明はこちら▼

■V-ジョイント
目に見えないネジレやパワーロスが発生しがちな竿の節部にダイワ独自のバイアス構造を採用することで、ワンピースロッドのような美しい曲がりを実現する構造。スムーズな節の曲がりが理想の調子とパワーアップをもたらし、パワー・レスポンス・感度が向上する。
V-ジョイントのさらに詳しい説明はこちら▼

■Vグリップシート
ダイワならではの長年のロッドメイキングの蓄積から導き出されたオリジナル形状のグリップシート。リールをセットした際の心地よいホールド感・手へのフィット感を追求しており、テクニカルで快適なロッドワークを可能にする。

メガトップ

『メガトップ』は穂先に使用するソリッド(無垢素材)におけるDAIWAの技術の名称である。
メガトップと一般カーボンの大きな違いはカーボン繊維とレジン(樹脂)の偏りの違いにある。一般カーボンには偏りが発生するため、結果として強度が強い場所と弱い場所ができる。メガトップはこれをほぼ均一に配置することに成功。巻き込み強度、従来比1.5倍の驚くべき結果を得た。また、カーボン繊維が均一に分散していることで、個体によるバラツキが少なく、360度、どの方向にも同様の曲がりを見せる。さらにそれを活かし穂先先端部を細径で柔軟、ハイテーパーな穂先にすることで、先端部が敏感にアタリを察知。カーボン特有の手に響く感度はもとより、目でアタリを視ることが可能になった。

画像
画像


各部仕様詳細
画像
画像
画像
穂先部チタンKガイド+ラセン糸巻き
軽量・強度・糸絡み軽減 
穂先部チタンK~KWガイド
(オールSiCリング)
オリジナルトリガーシート
A-ブリッツ カレイ
品名全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径
(mm)
元径
(mm)
錘負荷
(号)
カーボン
含有率
(%)
メーカー
希望本体
価格(円)
82-1651.65286850.69.925-408428,300
82-1801.80290950.69.925-408528,500
82-H2102.1021091151.011.430-608230,200
91-H1801.802941050.811.430-509028,500
付属品

■ナイロン製ロッドベルト
■ジッパー付竿袋