none
STEEZ 691HMHFB【MACHINEGUNCAST TYPE-III】
スティーズ 691HMHFB【マシンガンキャスト タイプ-III】
【適合ルアー:スピナーベイト/ラバージグ/テキサスリグ/フロッグ】
高感度とアキュラシー、パワーを兼備した「マシンガンキャスト」第三の矢
マシンガンキャストシリーズ最強のパワーロッドながら、アキュラシー・テンポ・パワー全てを高次元で融合。繊細さも持ち合わせ、優れた感度を実現した。X45の採用によりキャスト時のネジレ剛性が飛躍的に向上し、キャスタビリティーの高さを実現。よりシャープなロッドに仕上がり、ウエイトのあるスピナーベイトを中心にフットボールジグ、テキサスリグもこなすバーサタイル性も併せ持った。6’9”のレングスは、TYPE-IIで対応出来なかったレンジをも攻略可能。高密度SVFカーボン由来の感度の高さは、ボトムの情報はもとよりバスの気配さえ感じ取れる、繊細なアプローチを可能にする。
「ロッドはね、まだ欲しいし、まだ足りない。」 ― 並木敏成
これまでに2タイプを送り出した「MACHINEGUNCAST」と、今回の「TYPE-III」。味付けの違いは一言でいうと、パワフルでシャープ。過去のもので言うと、TYPE-IはM、TYPE-IIはMH。このMHはレギュラーテーパーだから、どちらかと言えばM寄りのMHだよね。これらはアベレージサイズから軽いリグまでを投げやすいセッティングだった。TYPE-IIIは、もっと重たいスピナーベイトをライナーで投げたい場所で、力強いスイングができる。全体がガシッと硬く、より重たいルアーをきっちり投げられ、胴ブレしない。例えばスピナーベイトでも、もっと重いものや、もっとデカいものを使える。当然アキュラシーが出やすく、遠くに飛ばしやすい。今回は長めの6フィート9インチなので、フッキングもがっちりと力強く決まる。巻きモノのルアーはもちろん、ラバージグやテキサスなど、止まっているルアーを強くフッキングするような釣りでも、パワー負けしない強さを持っているよね。あと、PEライン対応のチタンガイドになったから、フロッグを使っての戦略も立てられるんだ。追加機種で欲しいなと思っていたアイテムが開発できてるから、かゆいところに手が届くようなラインナップになっていると思うね。
DAIWA TECHNOLOGY
■超高密度SVFカーボン
ノーマルグラファイトと比較してレジン量を削減し、カーボン繊維を増加させて出来上がったのが高密度HVFカーボン。軽さとパワーに革命を起こしたブランクスだが、さらにその上を目指して開発されたのが超高密度SVFカーボン。HVFよりもさらに高密度にカーボン繊維を注入することで、HVFをしのぐ張り・軽さ・感度・パワーを生み出した。ゆえにジグ、テキサスなどの釣りには絶対的な強みを持っている。だが、適度なしなやかさも持ち合わせていることも特長で、巻物もこなすオールラウンド性能にも驚かされる。張りと軽さ・感度は最優先で欲しいが、すこしマイルドな隠し味も必要。そんなロッドにはベストな素材で、スティーズシリーズにおいてはバーサタイルなモデルに採用されている。
■X45
カーボン繊維の配向角度と弾性率の関係は極めて特殊であり、1°でもカーボン繊維の角度がずれると弾性率は大きく低下する。竿の性能を考慮した場合0°・45°・90°が理想的な構造であり、他のX構造のように中間の角度(例えば60°~75°前後を変動)にした場合、「X45」に比べて「ネジレ」、そして「ツブレ」の弾性が低下してしまう。また中間の角度で「X45」と同等のパワーを発揮させるためにはかなりの重量アップが必要となる。最も弾性率の高い3つの角度を採用している「X45」は科学的に裏付けされたネジレ防止の最適構造であり、高い操作性とパワーの向上をもたらす。
スティーズ 691HMHFB【マシンガンキャスト タイプ-III】
標準全長
ft.(m)
継数
(本)
標準
自重
(g)
先径
(mm)
元径
(mm)
ルアー
重量
(oz.)
ナイロン
ライン
(lb)
フロロ
ライン
(lb)
カーボン
含有率
(%)
メーカー
希望
本体価格(円)
JAN
コード
6'9"
(2.06)
1 111 2.1
(1.9)
11.9
(13.6)
1/4
-
1
12-20 10-14 99 59,000 913140*
※先径は、竿先から最も近く、部品・糸巻きのついていない外径、( )内は素材先端部の外径です。