none
HOME > 製品情報 > ロッド > > コロガシ竿 > 瀬音コロガシ
SEOTO KOROGASHI
瀬音コロガシ
(画像をクリックすると拡大画像が表示されます)
硬調(ソフトタイプ)替穂先付き、X45搭載コロガシ竿
“ネジレ”はコロガシ釣りにおいて、先端部で発生し易く、トラブルの要因の一つでもある。その点を克服すべく、ダイワ独自のネジレ防止の最適構造「X45」を採用。これにより、振り込み時や取り込み時に発生する“ネジレ”を抑え、スピーディーかつパワフルなコロガシ釣りを実現。小型オモリ、細糸に最適な硬調(ソフトタイプ)替穂先が付属し、さらなる汎用性を発揮する。
DAIWA TECHNOLOGY
画像 ■X45
カーボン繊維の巻き角度は竿先に対して0°・45°・90°がそれぞれ曲げ・ツブレ・ネジレに対して最大の弾性を有する。他のX構造のように中間の角度にした場合、それぞれの弾性が低いためパワーロスの原因となる。また中間の角度で「X45」と同等のパワーを発揮させるためにはかなりの重量アップが必要となる。最も弾性率の高い3つの角度を採用している「X45」はロッドの変形を防いでパワー・操作性・感度を向上させる最適構造なのである(世界共通の商標として「Xトルク」から「X45」に呼称変更)。
画像 ■V-ジョイント
スムーズな節の曲がりが理想の調子とパワーアップを実現。節の合わせ部分にダイワ独自のバイアス構造を採用。合わせ部のスムーズな曲がりを実現し、パワー・レスポンス・感度が向上。
■高密度HVFカーボン
カーボン繊維そのものの高弾性化はもちろん、カーボン繊維を取りまとめる接着剤的な役割を担う樹脂(レジン)量に着目。贅肉ともいえるレジンの量を減らし、筋肉となるカーボン繊維の密度を高めることで、より強く・より軽いカーボンシートの開発を追求。樹脂に代わってカーボンが高密度化されることで、従来よりはるかに高いパフォーマンス(パワー、シャープ感、操作性、感度)を発揮する。
画像 ■節落ち・食いつき防止合わせ
下節の上部内面に僅かな出っ張り(異形部)を作り、強い密着部分をつくることで実釣時に起こる節落ちを防止する。さらに、その異形合わせによる空気層が固着トラブルも防ぐ。
画像 ■固着防止リング
固着を防ぐため接合部分に空気層を作る溝(リング)切り加工を、節の太さによって幅と本数を変えながら施す構造。
その他の機能・仕様
  • からまん穂先
瀬音コロガシ
品名 全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径[替穂]/元径
(mm)
錘負荷
/替穂
(号)
適合水中糸
ナイロン
カーボン
含有率
(%)
メーカー
希望本体
価格(円)
JAN
コード
81 8.10 7 131 385 -(2.0)[-(1.7)]/29.4 5-15/5-10 0.8-1.5 99 46,000 875929
90 9.00 8 131 470 -(2.0)[-(1.7)]/30.9 5-15/5-10 0.8-1.5 99 52,000 875936
※先径は竿先から最も近く、部品・糸巻きのついていない外径、( )内は素材先端部の外径です。
付属品
  • ソフトタイプ標準替穂先