none
検索する

PRODUCTS製品情報

FISHING INFO釣り情報

D.Y.F.C

NEW AGE

NEWS

  • INFORMATION
  • TIMELINE
  • 重要なお知らせ

DAIWA BRAND

  • VISION -ビジョン-
  • TECHNOLOGY -テクノロジー-
  • HISTORY -ヒストリー-
  • CATEGORY BRAND -カテゴリーブランド-
  • NETWORK -ネットワーク-
  • CM VIDEO -CM動画-

SUPPORT

  • お客様センター
  • 営業所一覧
  • お客様の声WEBアンケート
  • オーナーズサポート
  • アフターサービス
  • パーツ検索システム
  • カスタムサービス

OTHER

  • SITE MAP
  • PRIVACY POLICY
  • SOCIAL MEDIA POLICY
  • GROBERIDE TOP

SOCIAL MEDIA

ページトップへ
HOME > 製品情報 > ロッド > > 友竿 > プロトギア T
PROTOGEAR T
プロトギア T
2018.02 デビュー
画像
製品拡大
中節にアンサンドフィニッシュを採用し、性能を最大限に発揮させる “プロトギア” コンセプトの第二弾
パワーとスピードを備えたオールラウンド系先調子の「T」。“Vコブシ”設計を採用し、リニアでハイレスポンスな操作性を実現、掛かれば20cmを超える良型でも胴のパワーで一気に引き抜けます。“早瀬抜”はシーズン通して幅広く使えるオールラウンドタイプ、“急瀬抜”は25cm前後をターゲットにしたパワータイプにセッティング。
“早瀬抜90 228g”。オールラウンド先調子「T」
持った時の、芯が1本通ったような鋭さに、自由自在にオトリを引けて掛かれば瞬時に引き抜ける、ダイワを代表するオールラウンド先調子「T」が登場。監修はスペシャルTと同じく、森岡達也、瀬田匡志の二人の手により、東は米代川より西は川辺川まで、シーズン通して数々のフィールドでテスト。森岡達也を「黒竿で名前を隠したら、競技かエアか解らない」と唸らせる程の、性能と完成度を誇る。
画像

画像
「T」シリーズの中でも一番手に馴染み扱い易く、またノサれずタメが効くように仕上げました。パワー面も文句無しで、川辺川のテストの時には25cmを瀬から抜いています。竿をしっかり曲げれば必ず魚は止まり、浮きますので、曲げる事を意識して使えば今以上に軽快でテンポの良い鮎釣りが出来ます。

画像

画像
紀ノ川では27cmまで抜きましたが、まだ余裕がありますね。米代川では21~24cmが時速10尾以上のペースで釣れ、Tならではの回転力も確認出来ました。操作感覚は競技Tのオールラウンダーのように滑らかでクセの無い「T」で、掛ければハンドリングマスター(TH)の様なパワーを発揮します。あと、凄いタメが効くので、長良川の中央や九頭竜川、神通川などメガトルクが定番の場所でも十分に使えますね。

カーブ比較【プロトギアシリーズ】
画像

プロトギア87に対し、Tの方が胴が強く先調子になっている。フィールドや鮎のサイズに合わせてアイテムをセレクトしてほしい。

※コンピューターの解析上のデータであり、実際の曲がりとは多少異なる場合があります。

DAIWA TECHNOLOGY
画像

■超高密度SVFナノプラスカーボン
ダイワはロッド性能にもっとも影響を与えるカーボンシートにおいて、繊維そのものの高弾性化は勿論、カーボン繊維を取りまとめる接着剤的な役割を担う樹脂(レジン)量に対する機能向上に着目。贅肉ともいえるレジンの量を減らし、筋肉となるカーボン繊維の密度を高めることで、より強く、より軽く、より細いロッドの開発を進めている。「超高密度SVF」は、HVFより更にレジン量を減らす事で、より多くのカーボン繊維を密入し、軽さ、パワー、細身化を実現する超高密度カーボン。

画像

■X45
カーボン繊維の巻き角度は竿先に対して0°・45°・90°がそれぞれ曲げ・ツブレ・ネジレに対して最大の弾性を有する。他のX構造のように中間の角度にした場合、それぞれの弾性が低いためパワーロスの原因となる。また中間の角度で「X45」と同等のパワーを発揮させるためにはかなりの重量アップが必要となる。最も弾性率の高い3つの角度を採用している「X45」はロッドの変形を防いでパワー・操作性・感度を向上させる最適構造なのである(世界共通の商標として「Xトルク」から「X45」に呼称変更)。

画像

■V-ジョイント
高弾性グラファイトを互い違いに斜め45°に巻き上げたVジョイントのインロー。従来の継ぎ竿では成し得なかった合わせ部のひずみ・突っ張り・パワーロスを極限まで追放。ワンピースに最も近い性能を発揮することに成功。

画像

■Vコブシ設計
先端部#1~#3を短くセッティングすることで竿先の安定性を高め、感度の向上を図る設計思想。同時に中節~元竿は節長が長くなる胴長設計と組み合わせることにより、パワーと操作性・感度を兼ね備えたロッドを実現。

画像

■セーフティーフックタイプメタカラマン
穂先に仕掛けを直接つなげることで感度が大幅にアップ。仕掛けを取り付ける部分が回転するので糸ヨレや糸絡みも防ぐ。

画像

■新触感グリップ
水に濡れても滑りにくく、ホールド性の高い特殊塗装を採用したグリップ。引き抜き時に竿・鮎の重量を支える重要な役割を持つ手尻の信頼感をアップさせる。

画像

■節落ち・食いつき防止合わせ
下節の上部内面に僅かな出っ張り(異形部)を作り、強い密着部分をつくることで実釣時に起こる節落ちを防止する。さらにその異形合わせによる空気層が固着をも防ぐ。

画像

■固着防止リング
固着を防ぐため接合部分に空気層を作る溝(リング)切り加工を、節の太さによって幅と本数を変えながら施す構造。

仕様一覧
  • マルチ対応ダブル固着防止システム(早瀬抜 95Mのみ)
  • 銘板付き下栓
  • 元竿口金処理
プロトギア T
品名 全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径/元経
(mm)
錘負荷/替穂
(号)
適合水中糸 カーボン
含有率
(%)
マルチ メーカー
希望本体
価格(円)
JAN
コード
メタルライン ナイロン
早瀬抜 80 8.00 7 143 193 1.6/23.7 0~4 0.03~0.2 0.125~0.6 99 114,000 116350
85 8.50 8 143 210 1.6/23.7 0~4 0.03~0.2 0.125~0.6 99 128,000 116367
90 8.99 8 143 228 1.6/24.5 0~4 0.03~0.2 0.125~0.6 99 135,000 116374
95M 9.50 9 143 275 1.6/27.0 0~4 0.03~0.2 0.125~0.6 99 95⇔90 148,000 116381
急瀬抜 85 8.50 8 143 220 1.7/24.5 0~5 0.04~0.25 0.15~0.8 99 135,000 116398
90 8.99 8 143 241 1.7/24.7 0~5 0.04~0.25 0.15~0.8 99 142,000 116404
※先径は、素材先端部の外径です。
付属品
  • ニット竿袋
専用設計の別売替穂先を設定
  • メガトップ搭載オートマ穂先