none
HOME > 製品情報 > ロッド > > 友竿 > 銀影 T
GINEI T
銀影 T
ライト早瀬 90・W
(画像をクリックすると拡大画像が表示されます)
名手が鍛え上げ、取りまわしの良さにこだわった傑作
引き釣り、泳がせ釣りと釣法に捉われず、フィールドや鮎のサイズにも幅広く対応する万能先調子「T」。今作では、競技Tオールラウンダー(中硬硬)の調子をベースに開発した、新アイテム「ライト早瀬」に、競技Tハンドリングマスター(早瀬抜)がベースの、パワーアイテム「早瀬抜」をラインナップ。また、支流や上流域に最適な「80」・「85」もラインナップ。
テスターインプレッション

「今回の“ライト早瀬”を一言で表すなら『とびっきり手になじむ竿』ですね。」 ― 吉田健二

「持った感じピンとしていますが、オトリを引くとフワリとした触感で、なめらかについて来ます。ホンマに癖がなくて扱い易い竿だと思います。“ライト早瀬”の名の通り、背針や1号前後のオモリを使う“ライト瀬釣り”にベストなセッティングに仕上げましたが、それよりパワフルな釣りでも、繊細な釣りにも充分に使えます。なじみの良さや万能性を考えると、今までの“T”の中でも、屈指の使い易さだと思いますね。」


「操ればソフト、掛ければパワフル。新基軸のパワーアイテムや。」― 森岡達也

「僕がこの「早瀬抜」でこだわったのは、「T」の真骨頂である速攻抜きが出来るパワーを持たせた上で、いかに優しい使い心地に出来るかと言う点です。この点を突き詰めるため幾度となくテストを繰り返しましたが、結果、競技やスペシャルのTに比べて、操作感はズバ抜けてソフトに仕上がっています。また、「ライト早瀬」が従来の早瀬抜に近いパワーなので、この竿はそのワンランク上の「急瀬抜」に近いパワーに設定。昨年は揖保川や九頭竜川など良型が多い河川をメインにテストしましたが、23~24cmまでならTらしい速攻抜きを決められます。」

調子カーブ

前モデルに比べ10g軽量化しながらもパワーアップしているライト早瀬にさらにパワーを持たせ、先調子に仕上げた早瀬抜。

DAIWA TECHNOLOGY
■超高密度SVFカーボン
ダイワはロッド性能にもっとも影響を与えるカーボンシートにおいて、繊維そのものの高弾性化は勿論、カーボン繊維を取りまとめる接着剤的な役割を担う樹脂(レジン)量に対する機能向上に着目。贅肉ともいえるレジンの量を減らし、筋肉となるカーボン繊維の密度を高めることで、より強く、より軽く、より細いロッドの開発を進めている。「超高密度SVF」は、HVFよりさらにレジン量を減らす事で、より多くのカーボン繊維を密入し、軽さ、パワー、細身化を実現する超高密度カーボン。
画像 ■X45
カーボン繊維の巻き角度は竿先に対して0°・45°・90°がそれぞれ曲げ・ツブレ・ネジレに対して最大の弾性を有する。他のX構造のように中間の角度にした場合、それぞれの弾性が低いためパワーロスの原因となる。また中間の角度で「X45」と同等のパワーを発揮させるためにはかなりの重量アップが必要となる。最も弾性率の高い3つの角度を採用している「X45」はロッドの変形を防いでパワー・操作性・感度を向上させる最適構造なのである(世界共通の商標として「Xトルク」から「X45」に呼称変更)。
画像 ■Vコブシ設計
先端部#1~#3を短くセッティングすることで竿先の安定性を高め、感度の向上を図る設計思想。同時に中節~元竿は節長が長くなる胴長設計と組み合わせることにより、パワーと操作性・感度を兼ね備えたロッドを実現。
■V-ジョイント
ひずみによるパワーロスが生じがちな節の合わせ部にダイワ独自のバイアス構造を採用することで、あたかもワンピースのような美しい曲がりを実現。ひずみによるパワーロスが軽減されるため、素材本来のパワー・レスポンス・感度が十二分に発揮される。
画像 ■セーフティフックタイプメタカラマン
穂先に仕掛けを直接つなげることで感度が大幅にアップ。仕掛けを取り付ける部分が回転するので糸ヨレや糸絡みも防ぐ。
画像 ■節落ち・食いつき防止合わせ
下節の上部内面に僅かな出っ張り(異形部)を作り、強い密着部分をつくることで実釣時に起こる節落ちを防止する。さらに、その異形合わせによる空気層が固着トラブルも防ぐ。
画像 ■固着防止リング
固着を防ぐため接合部分に空気層を作る溝(リング)切り加工を、節の太さによって幅と本数を変えながら施す構造。
その他の機能・仕様
  • 銘板付下栓
  • 元竿口金処理
銀影 T
品名 全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径/元径
(mm)
錘負荷
(号)
適合水中糸 カーボン
含有率
(%)
メーカー
希望本体
価格(円)
JAN
コード
メタル
ライン
ナイロン
ライト早瀬 80・W 8.00 7 143 201 1.7(1.6)/23.7 0~4 0.04~0.2 0.125~0.6 99 103,000 915151
ライト早瀬 90・W 9.00 8 143 243 1.7(1.6)/24.4 0~4 0.04~0.2 0.125~0.6 99 119,000 915168
早瀬抜 85・W 8.50 8 143 235 1.8(1.7)/24.4 0~6 0.05~0.25 0.15~0.6 99 115,000 915175
早瀬抜 90・W 9.00 8 143 256 1.8(1.7)/24.7 0~6 0.05~0.25 0.15~0.6 99 124,000 915182
※先径は、竿先から最も近く、部品・糸巻きのついていない外径、( )内は素材先端部の外径です。
付属品
  • ニット竿袋
専用設計の別売替穂先を設定
  • トーナメントトップ(細径チューブラー穂先) [先径 ライト早瀬 1.4mm/早瀬抜 1.5mm]
    メーカー希望本体価格 8,500円