none
HOME > 製品情報 > ロッド > > 友竿 > 銀影競技 SF
GINEI KYOGI SF
銀影競技 SF
2017.02 発売予定
90
(画像をクリックすると拡大画像が表示されます)
極小の張り、泳質の支配。
搭載された2つのソリッドは、 掛けるためのテンションと泳ぎを限界まで 高めた「戦闘力」の証。 これは、かつてのSFではない。
トーナメントシーンを牽引するソリッド竿は、何を求めているか?

ソリッド穂先を備える鮎ロッドの特徴として近年重視されるのは、オトリへの優しさよりも、穂先の柔軟性を活かした繊細なオバセコントロールにある。「掛かる」ラインテンションとして重視され続ける「ゼロオバセ」は、現在も釣果の鍵となっているが、ゼロをさらに細かく刻むような領域のコントロールは、やはりソリッド穂先が断然有利である。近年目覚ましい活躍を見せるトーナメンターにもソリッド穂先を駆使するスタイルが増えてきており、トーナメントシーンをリードするソリッド専用ロッドが再び求められていた。そしてダイワの英知、テスター陣の技術、最新テクノロジーが一体となり生み出されたのが、競技SFだ。

未知なる領域のオバセコントロールを実現。
新生競技SF、その最大のトピックは0.6mm極細ハイテーパー『SMT(ソリッド)』の開発にある。カーボンソリッドでは不可能な、今まで以上に柔軟で繊細なハイテーパー構造に加え、『SMT』ならではの“大音量感度”を備えることで、既成概念を覆すリアルサウンドのオバセコントロールを実現した。ゼロオバセだけでなく、“ゼロプラス”という微妙なテンションでごく軽く上に引っ張りながら尾ビレを振らせたり、逆に“ゼロマイナス”というわずかにテンションを抜きオトリを走らせるアクションも容易に作り出せる。しかも、随時「フワン」と尾ビレを動かす“音”もしっかりと手に伝えてくれるのだ。
革新的ソリッド穂先の特性を最大限に発揮させる「極先調子」。
競技SF全体の調子は、『SMT(ソリッド:極細ハイテーパー型)』とセンサーオートマ、2つの革新的ソリッドの特性を最大限に発揮させる、Fに近い極先調子。まさに「SF=ソリッドフィネス」と呼ぶにふさわしい先鋭ロッド。調子は穂先先端を活かした、45度の竿角度を中心とする釣技を想定して設定。またVコブシ+チャージリングにより、さらにブレが少なく鋭敏な操作性も獲得した。パワー的には競技TとTHの間にあり、シーズン初期の小型から盛期の良型にも幅広く対応する。(※コンピュータの解析上のデータであり、実際の曲がりとは多少異なる場合があります。)
いかなる状況にもアジャストする“2種のソリッド”。
極細径0.6mmの柔軟性と先ブレ知らずのハイテーパー。竿角度45度の周辺操作を格段に引き上げる新開発『SMT(ソリッド)』。
搭載される新たな『SMT(ソリッド:極細ハイテーパー型)』は、競技SF用に新たに開発された、先径0.6mmの極細径・柔軟ハイテーパー構造。従来の『SMT(ソリッド:ハイテーパー型)』やカーボンソリッドより飛躍的にしなやか、かつハイテーパーになることで、さらに緻密なコントロールを実現する。ポイントや状況に合わせて、管理泳がせ⇔ゼロオバセ⇔引き泳がせをスムーズに切り替えられ、上級者ですら難しいゼロオバセと引き泳がせの間である“ゼロ引き”(超スロー引き泳がせ)も再現可能。従来のソリッド穂先では掛けきれなかった野鮎も手中に収める。
緩いテンションの操作時も、感度は“高音”を維持。 ― 伊藤正弘

「まず『SMT(ソリッド:極細ハイテーパー型)』のしなやかさに驚くと思います。カーボンソリッド部分が40cm近い初代のSFもかなりしなやかですが、操作性やハリ掛かりは当然として、オトリ感度・アタリ感度・“高音”の感度ともすべてこちらが上回っています。立て竿の泳がせも引きも両方こなせますし、ゼロオバセはもちろん得意ですが、水中糸をオバセている状況でもオトリの動きが伝わってきますね。ひさしぶりに『宝物』を見つけた気分です(笑)」


引き釣りもこなす3段階構造の万能型ハイテーパー。背バリやオモリとの相性にも優れたセンサーオートマ。
競技SFにもうひとつ搭載されるのが、ハイテーパーのカーボンソリッドであるセンサーオートマ穂先。カーボンソリッド部+ソリッドパワースリム部+カーボンチューブラー部の3段階構造により、通常のカーボンソリッドよりも先鋭的なハイテーパーで、操作性と感度を高めて引き釣りまで華麗にこなす万能タイプ。新型『SMT(ソリッド)』より硬めのセッティングをすることで、背バリやオモリといった負荷の大きい仕掛けにも適する。
穂先を“効かせて”泳がせやすく、引き性能も秀逸。 ― 山本高義

「私がソリッド穂先を使う理由は、穂先を“効かせる”泳がせが軸であることと、引き操作の補助。トーナメントで瀬を引く必要に迫られることもありますからね。センサーオートマは竿を立てて泳がせも、寝かせて引き釣りも効果的です。軟らかい『SMT』よりオトリを引きやすく、竿全体としてもパワーがありますので、25cm級も問題なくあしらえます。『SMT(ソリッド:極細ハイテーパー型)』と使い分ければオールシーズン対応できる竿です」

中節を交換し、長さと調子を変える新構造「スイッチシステム」(別売設定)

#3番の1節交換パターン(別売設定)

90のベースとなる調子に対して93にした場合、柔軟で曲がる先端部分が長くなるため、半ランク程柔らかくなり、特に操作時のマイルド感やオトリの安定性が向上する。(※コンピュータの解析上のデータであり、実際の曲がりとは多少異なる場合があります。)

DAIWA TECHNOLOGY
画像 ■ESS(感性領域設計システム)
ロッドは曲がると、その方向と反対側に起きあがろうとするエネルギー(復元力)が発生する。これは、変形した(ひずんだ)ブランクが元に戻ろうとする「ひずみエネルギー」であり、竿の性能を左右する極めて重要なファクターである。ダイワは、この「ひずみエネルギー」を解析・設計するシステムを開発。「どこが優れているか」「どこが足りないか」を数値で明確に把握するだけでなく、エキスパートの感性と呼ばれる領域まで解析・数値化し、ロッドに反映する事を可能にした。また『X45』や『SMT』、『Vコブシ』などダイワテクノロジーのポテンシャルを最大限引き出し、有効且つ機能的に活用することもできる。理想を越える竿を作り出す、革新的ロッド設計システム。
画像
画像 ■ナノプラス
カーボン繊維を取りまとめる接着剤的な役割を担う複数種類の樹脂(レジン)を、ナノメートルオーダーで混合する特殊な技術により、樹脂の高性能化・高機能化を実現した東レ(株)ナノアロイ®テクノロジー適応材料を、ダイワ独自の設計手法および製造手法により、機種毎に最適化を行い、ロッドブランクの更なる高強度化・軽量化を可能にした。
画像 【PBT/PCナノアロイ®の構造比較】
ナノアロイ®とは、カーボン繊維同士を繋ぐ接着剤である樹脂(ミクロンサイズ)を、通常よりもはるかに細かいナノサイズ(ミクロンの1/1000)として混合する技術。これにより、樹脂の高弾性化、高靭性化が図られ、コンポジットとしての曲げ強度が向上。結果、強度と軽量を両立したロッド作りが可能になる。
画像 ■スーパーSVFナノプラスカーボン
ダイワはロッド性能にもっとも影響を与えるカーボンシートにおいて、繊維そのものの高弾性化は勿論、カーボン繊維を取りまとめる接着剤的な役割を担う樹脂(レジン)量に対する機能向上に着目。贅肉ともいえるレジンの量を減らし、筋肉となるカーボン繊維の密度を高めることで、より強く、より軽く、より細いロッドの開発を進めている。「スーパーSVF」は、SVFより更にレジン量を減らす事で、軽さとパワーを高いレベルで実現し圧倒的なパフォーマンスを発揮する超々高密度カーボン。
画像 ■SMT(スーパーメタルトップ)
超弾性チタン合金をソリッド(ムク)構造にし、高い感度と柔軟性を実現した次世代穂先。カーボンソリッドでは不可能な、手に響く感度をそなえながらも高いクッション性を実現。
画像 ■X45
カーボン繊維の巻き角度は竿先に対して0°・45°・90°がそれぞれ曲げ・ツブレ・ネジレに対して最大の弾性を有する。他のX構造のように中間の角度にした場合、それぞれの弾性が低いためパワーロスの原因となる。また中間の角度で「X45」と同等のパワーを発揮させるためにはかなりの重量アップが必要となる。最も弾性率の高い3つの角度を採用している「X45」はロッドの変形を防いでパワー・操作性・感度を向上させる最適構造なのである(世界共通の商標として「Xトルク」から「X45」に呼称変更)。
画像 ■スーパーリング構造
カーボンシートの巻き始めと巻き終わりの重なる部分の重なりシロを限りなくゼロに近づけてロッドを形成する技術。軽量化は勿論、繊細なロッド操作や引き抜き時の弾道が安定。
画像 ■スペシャルV-ジョイント(#1~3はV-ジョイント)
パワーロスが生じがちな節の合わせ部にダイワ独自のバイアス構造を採用することで、ワンピースのような美しい曲がりを可能にし、負荷が掛かった時の節の歪みを抑えてパワーロスを減少させることに成功。さらに従来必要とされていた合わせ部の重ね代を極限まで減らしたのがスペシャルV-ジョイント。これによって重量を軽減しながらいっそう歪みの少ないロッドを作り上げることができる。
■ゼロコーティング(#2~元上)
カーボンの素材感を残しながらも、鮮やかな色彩を放つダイワ独自の外観処理。無塗装に極めて近いため、カーボン素材の性能を十二分に発揮させることができる。※節または部位で、使用するカーボン素材の影響等により濃淡が生じる場合があります。
画像 ■Vコブシ設計
先端部#1~#3を短くセッティングすることで竿先の安定性を高め、感度の向上を図る設計思想。同時に中節~元竿は節長が長くなる胴長設計と組み合わせることにより、パワーと操作性・感度を兼ね備えたロッドを実現。
画像 ■セーフティフックタイプメタカラマン
穂先に仕掛けを直接つなげることで感度が大幅にアップ。仕掛けを取り付ける部分が回転するので糸ヨレや糸絡みも防ぐ。
画像 ■節落ち・食いつき防止合わせ
下節の上部内面に僅かな出っ張り(異形部)を作り、強い密着部分をつくることで実釣時に起こる節落ちを防止する。さらに、その異形合わせによる空気層が固着トラブルも防ぐ。
画像 ■固着防止リング
固着を防ぐため接合部分に空気層を作る溝(リング)切り加工を、節の太さによって幅と本数を変えながら施す構造。
その他の機能・仕様
  • 新触感グリップ
  • 銘板付き下栓
  • 元竿口金処理
銀影競技 SF
品名 全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径[替穂]
/元径
(mm)
錘負荷
/替穂
(号)
適合水中糸 カーボン
含有率
(%)
メーカー希望
本体価格
(円)
JAN
コード
メタル ナイロン
90 9.03 8 143 232 (0.6)0.8
[0.8(0.7)]
/23.7
0-2/0-3 0.01-0.2 0.08-0.6 99 270,000 079549*
※先径は竿先から最も近く、部品・糸巻きのついていない外径、( )内は素材先端部の外径です。
付属品
  • メガトップセンサーオートマ標準替穂先
  • ニット竿袋
専用設計の別売替中節を設定
  • 90⇔93用替#3パーツ
    メーカー希望本体価格 30,000円

メタルトップご使用上の注意

■メタルトップの温度変化について。
超弾性チタン合金は素材の特性上、5℃以下の低温環境では弾性が低下し、穂先の戻りが遅くなってくるという事象が起こります。早朝・夜間の極端な冷え込みや風の影響で、気が付く程度の曲がりが生じることがあります。更に0℃以下の環境で弾性低下は、より進行し穂先が曲がったまま戻らない現象が起こります。いずれの場合も気温が上昇すれば本来の超弾性に戻り通常のご使用が可能になります。

■過度な屈曲を生じるようなご使用はお避けください。
メタルトップは、通常操作においては快適にご使用いただけますが、巻き込み・穂先の糸がらみ等外的要因による過度な屈曲には、クセ(塑性変形)が残ったり、また金属疲労により破損する可能性があります。

■万一のクセは、手で修正できます。
2のように万一クセが残った場合は、曲っている側と逆の方向にゆっくり曲げることで、修正ができます。ただし、クセの修正を繰り返しますと金属疲労の原因となりますので、巻き込み等クセが残るような操作はお避けください。

快適にご使用いただくため、取扱説明書は必ずお読み下さい。