none
HOME > 製品情報 > ロッド > > 友竿 > 銀影エア タイプS
GINEI AIR TYPE S
銀影エア タイプS
(画像をクリックすると拡大画像が表示されます)
使い手を選ばない、生粋のトーナメントマシン。引けるの先に“Sアクション”
画像一振りすれば驚くほど軽く、筋の通った先調子。しかし、一度オトリを引けばそのギャップに誰もが驚くだろう。フワッと滑らかにオトリがついてくる引き性能を備えながらも、まるで仕掛けから解き放たれたかのような、横フレを伴う自由な泳ぎに。

この「TYPE S」独特のオトリの動きこそ、野鮎を強烈に挑発する“Sアクション”なのだ。これは従来のロッドでも不可能ではないが、緻密なテンションコントロールを要し難易度が高い。しかし「銀影エアTYPE S」なら、ゼロテンションを軸に穂先を少し効かせれば、簡単にオトリが横へ動き始める。難易度の高い操作を普段の釣りの中に簡単に、かつオートマティックに取り入れられるのだ。特に緩流帯や石裏などが効果的であり、ハイプレッシャー河川で一人だけ入れ掛かりになることも少なくない。また、昨年のダイワ鮎マスターズを制した「競技TYPE S」と比較した場合、“より扱いやすいTYPE S”とも言える。トーナメントに限らず、普段の釣りの中で“Sアクション”を楽しみ、釣果向上に結びつける。そんな願いを込めて開発したロッドでもあるのだ。
画像
前作より胴部の張りを上げ、さらに先調子にチューニング。ノーマルを比較しても大幅なパワーアップを実現しており、Hモデルは「競技タイプSH」に極めて近いパワーを備え、さらに胴に入り粘る調子に仕上げている。(※図はコンピューターの解析上のデータであり、実際の曲がりとは多少異なる場合があります。)
「TYPE S」は銀影エアで生まれ、そしてさらなる進化を遂げる。
アイテム 特徴
90 圧倒的軽さを誇るベーシックモデル。中硬硬ならではの繊細な操作性が高評価だった、前作の長所を活かしながらパワーアップさせており、21、22cmまで対応する。
H85 圧巻の軽量自重202g。90とほとんど変わらぬリーチを備えながら、その軽量感が生む操作性と風に対する強さは一級品。パワーとスピードを備えた、岡崎孝のウィニングロッド。
H90 盛期のフィールドと魚に対して“Sアクション”を発揮し、“獲る能力”にも優れる。長良川や那珂川といった瀬釣り主体の河川で、23、24cmまで対応するパワーを誇る。
プロトを手に岡崎孝が表彰台に2回登壇、プロが本気の勝負で手にする性能。
画像 ■2015全日本鮎釣りチーム選手権(9月11日 岐阜県 長良川 郡上エリア)
個人最多釣果(381人中 1位 : 2時間 21尾)及び 競技EASTチーム 準優勝

3時間の予選を含めた全参加選手中の最多釣果を2時間で叩き出す。竿抜けを狙い、急流に胸まで浸かりド芯を攻め、25cmクラスを豪快に次々と引き抜く姿は圧巻。“聖地”長良川で圧倒的な釣果とともにHモデルのパワーをまざまざと見せつけた。
画像 ■2015ダイワ鮎マスターズ倶楽部(10月3日 静岡県 興津川)
レジェンド大会優勝

歴代のマスターズ入賞者のみ参加資格が与えられる大会。12、13cmもいれば狂ったように引ったくる22〜23cmも混じる状況。石裏のヨレを中心にスローな引きで横フレを演出、歴戦の名手を抑え見事優勝を収めた。
DAIWA TECHNOLOGY
画像 ■ESS(感性領域設計システム)
ロッドは曲がると、その方向と反対側に起きあがろうとするエネルギー(復元力)が発生する。これは、変形した(ひずんだ)ブランクが元に戻ろうとする「ひずみエネルギー」であり、竿の性能を左右する極めて重要なファクターである。ダイワは、この「ひずみエネルギー」を解析・設計するシステムを開発。「どこが優れているか」「どこが足りないか」を数値で明確に把握するだけでなく、エキスパートの感性と呼ばれる領域まで解析・数値化し、ロッドに反映する事を可能にした。また『X45』や『SMT』、『Vコブシ』などダイワテクノロジーのポテンシャルを最大限引き出し、有効且つ機能的に活用することもできる。理想を越える竿を作り出す、革新的ロッド設計システム。
画像
画像 ■ナノプラス
カーボン繊維を取りまとめる接着剤的な役割を担う複数種類の樹脂(レジン)を、ナノメートルオーダーで混合する特殊な技術により、樹脂の高性能化・高機能化を実現した東レ(株)ナノアロイ®テクノロジー適応材料を、ダイワ独自の設計手法および製造手法により、機種毎に最適化を行い、ロッドブランクの更なる高強度化・軽量化を可能にした。
画像 【PBT/PCナノアロイⓇの構造比較】
ナノアロイ®とは、カーボン繊維同士を繋ぐ接着剤である樹脂(ミクロンサイズ)を、通常よりもはるかに細かいナノサイズ(ミクロンの1/1000)として混合する技術。これにより、樹脂の高弾性化、高靭性化が図られ、コンポジットとしての曲げ強度が向上。結果、強度と軽量を両立したロッド作りが可能になる。
画像 ■超高密度SVFナノプラスカーボン
ダイワはロッド性能にもっとも影響を与えるカーボンシートにおいて、繊維そのものの高弾性化は勿論、カーボン繊維を取りまとめる接着剤的な役割を担う樹脂(レジン)量に対する機能向上に着目。贅肉ともいえるレジンの量を減らし、筋肉となるカーボン繊維の密度を高めることで、より強く、より軽く、より細いロッドの開発を進めている。「超高密度SVF」は、HVFより更にレジン量を減らす事で、より多くのカーボン繊維を密入し、軽さ、パワー、細身化を実現する超高密度カーボン。
画像 ■X45
カーボン繊維の巻き角度は竿先に対して0°・45°・90°がそれぞれ曲げ・ツブレ・ネジレに対して最大の弾性を有する。他のX構造のように中間の角度にした場合、それぞれの弾性が低いためパワーロスの原因となる。また中間の角度で「X45」と同等のパワーを発揮させるためにはかなりの重量アップが必要となる。最も弾性率の高い3つの角度を採用している「X45」はロッドの変形を防いでパワー・操作性・感度を向上させる最適構造なのである(世界共通の商標として「Xトルク」から「X45」に呼称変更)。
画像 ■スペシャルV-ジョイント(#1~3はV-ジョイント)
パワーロスが生じがちな節の合わせ部にダイワ独自のバイアス構造を採用することで、ワンピースのような美しい曲がりを可能にし、負荷が掛かった時の節の歪みを抑えてパワーロスを減少させることに成功。さらに従来必要とされていた合わせ部の重ね代を極限まで減らしたのがスペシャルV-ジョイント。これによって重量を軽減しながらいっそう歪みの少ないロッドを作り上げることができる。
画像 ■スーパーリング構造
カーボンシートの巻き始めと巻き終わりの重なる部分の重なりシロを限りなくゼロに近づけてロッドを形成する技術。軽量化は勿論、繊細なロッド操作や引き抜き時の弾道が安定。
画像 ■ゼロコーティング(#4~元上)
カーボンの素材感を残しながらも、鮮やかな色彩を放つダイワ独自の外観処理。無塗装に極めて近いため、カーボン素材の性能を最大限に発揮させることができる。
画像 ■セーフティフックタイプメタカラマン
穂先に仕掛けを直接つなげることで感度が大幅にアップ。仕掛けを取り付ける部分が回転するので糸ヨレや糸絡みも防ぐ。
画像 ■新触感グリップ
水に濡れても滑りにくく、ホールド性の高い特殊塗装を採用したグリップ。
画像 ■節落ち・食いつき防止合わせ
下節の上部内面に僅かな出っ張り(異形部)を作り、強い密着部分をつくることで実釣時に起こる節落ちを防止する。さらに、その異形合わせによる空気層が固着トラブルも防ぐ。
画像 ■固着防止リング
固着を防ぐため接合部分に空気層を作る溝(リング)切り加工を、節の太さによって幅と本数を変えながら施す構造。
銀影エア タイプS
アイテム 全長
(m)
継数
(本)
仕舞
(cm)
自重
(g)
先径
/元径
(mm)
錘負荷
(号)
適合水中糸 カーボン
含有率
(%)
価格
(円)
JAN
コード
メタル ナイロン
90・J 9.00 8 138 212 1.7(1.6)
/24.0
0-3 0.02-0.15 0.1-0.6 99 200,000 028097
H85・J 8.50 8 138 202 1.7(1.6)
/24.0
0-5 0.03-0.2 0.125-0.6 99 190,000 059725
H90・J 9.00 8 138 218 1.7(1.6)
/24.2
0-5 0.03-0.2 0.125-0.6 99 205,000 028103
※先径は竿先から最も近く、部品・糸巻きのついていない外径、( )内は素材先端部の外径です。
※価格はメーカー希望本体価格(税抜)です。
専用設計の別売替穂先を設定
  • SMT [ ソリッド 先径0.9(0.85)mm ]
    メーカー希望本体価格 23,000円
その他の仕様・付属品
  • 銘板付下栓
  • 元竿口金処理
  • ニット竿袋